Windows 10 で「エクスペリエンス インデックス」を使いたい

質問Windows 7 には「エクスペリエンス インデックス」というシステム評価ツールがありましたが、Windows 10 にはありますか?

回答表面上はなくなりましたが、計測するツールは残されています。

Windows 7 では、システムの能力を数値で評価できる「Windows エクスペリエンス インデックス」を調べることができました。

am110128-02

「コントロールパネル」の「システム」にインデックスが表示されており、いつでも計測が可能でした。

am110128-06

ところが Windows 8.1 では「Windows エクスペリエンス インデックス」を確認できる機能がなくなり、Windows 10 でも見つかりません。

 

でも実は Windows 10 にも計測する機能自体は残されており、さらに計測した結果を以前のように見やすく表示できるツールも外部で公開されています。

 

このページにも手順が紹介されていますが、少し内容が古くて現在では少し違うところもあるので以下に紹介します。

  1. 「スタートボタン」を右クリックして現れるメニューから「コマンドプロンプト」を選択して起動させる

     
  2. 「コマンドプロンプト」に winsat.exe formal と入力して「Enter」キーを押して実行

     
  3. エクスプローラーのアドレスバーに「C:\Windows\Performance\WinSAT\DataStore」を入力して「Enter」

     
  4. 開いたフォルダー内に
    [日付].Formal.Assesment(Recent).WinSAT.xml
    という名前のファイルを選択

     
  5. 先ほどの「webmarks」画面上にドラッグ&ドロップ

     
  6. 従来と似た形式で「Windows エクスペリエンス インデックス」が表示されます。

    「画像としてダウンロード」ボタンで画像にもできます。

使ったファイルの中身を確認しましたが、システム評価のための細かいデータのみで、個人情報などは含まれていないので利用しても大丈夫です。

 
◆◇◆

用意された項目は「プロセッサ」「メモリ(RAM)」「グラフィックス」「ゲーム用グラフィックス」「プライマリ ハードディスク」の 5つです。

ただし Windows 10 では「ゲーム用グラフィックス」は計測できません。

 

使い方としてはメモリーの増設やハードディスクの SSD への交換などをするとき、前後でどれくらい能力が向上したか確認するときなど、簡易的な評価に使えるでしょう。

ほかにも自宅のパソコンと会社のパソコン、古いパソコンと新しく買ったパソコンで能力を比較したいときの「参考値」にはなるでしょう。

 

理解を深めるための「パソコン用語解説

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコントラブルQ&A」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

年別Q&A (951 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコントラブルQ&A」ではトラブル解決のヒントなども紹介していますが、解決をお約束するものではありません。 トラブルの深刻度やご利用のパソコン環境によっては効果がなかったり、ほかのトラブルを誘発する場合もあります。そのため、作業前に大切なデータは、ご自身で必ずバックアップをおこなってください。

本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。