Windows の「記憶域」「ストレージ(storage)」とは

記憶域」とは、Windows の「設定」で「システム」項目のひとつで、「ストレージ」の漢字表記であり、パソコンのデータを読み書き保存するハードディスク、SSD など記憶装置(ドライブ)を設定できます。

Windows の起動に必要なデータを読み書き保存している「記憶域」が「ローカルディスク」「Cドライブ」ですが、その使用状況を管理し、必要な空き容量を確保することで快適な Windows 環境が得られます。

wd210623-01.png

 

また「コントロールパネル」にも「記憶域」という項目があります。

wd210623-04.png

 

ここで複数のドライブをひとつの「記憶域」としてまとめたり、複数のドライブに同じファイルを同時に保存して、いずれかのドライブに障害が発生してもファイルを保護できる「記憶域」を作成したりできます。

 

「ストレージ(storage)」には「記憶」「保存」さらに「記憶装置」「収納庫」といった意味があります。そこで、分かり易くするためか Windows の「設定」では「記憶域」と漢字表記に変更されました。

wd210623-05.png

ところが「記憶域」設定画面の中には『ストレージ センサー』『その他のストレージ設定』など「ストレージ」という用語が残って混在しています。

20210703 112506.png

混乱の元なので、どちらかの用語に統一して欲しいところです。

 

「ストレージ」にはパソコンに内蔵、あるいは外付けされる記憶装置(ハードディスク、SSD、光学ドライブ、USBメモリーなど)以外にもネット経由で利用できる「オンラインストレージ」などがあります。

マイクロソフトが提供する「オンラインストレージ」が「OneDrive」であり、Windows の「記憶域」にデータをコピー、同期できます。

「OneDrive」を使えば Windows のデータバックアップは簡単です。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (592 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。