「OneDrive」に保存してパソコンの空き容量を増やす

質問パソコンの空き容量が残り少なくなって困っています。

回答いつ使うか分からないけど保存はしておきたいファイルが多いなら「OneDrive」に保存してパソコンの容量を空ける方法があります。

長年、パソコンを使い続けていると、様々な書類や画像、音声や動画のファイルなどがたまり、徐々にパソコン内蔵のハードディスクや SSD の残り容量が少なくなり、保存しきれなくなることがあります。

 

もちろん外付けハードディスクや SSD、USBメモリー に移したり、CD や DVD に保存することもできますが、

  • どこに保存したのか分からなくなる
  • いざ必要な時にすぐに取り出せない
  • 保存していたメディアが読み込めない

といった問題が起きる可能性が常にあります。

 

そんなとき「OneDrive」のような「ストレージサービス」に保存して、パソコンの容量は空けることで、パソコン内部にあるように見せながら空き容量は確保することが可能です。

 

たとえば「OneDrive」内のフォルダーを右クリックするとメニューから

  • このデバイス上で常に保持する
  • 空き領域を増やす

のどちらかに設定することができ、

  • 現在もよく使う、あるいは使う可能性が高いファイルを保存したフォルダーは「このデバイス上で常に保持する
  • 現在は使わない、あるいは今後も使う可能性は少ないファイルを保存したフォルダーは「空き領域を増やす

を選択することができます。

空き領域を増やす」を選ぶと、パソコン本体には保存されていなくても、いざというときはダウンロードしてすぐに使える状態にできます。

 

ただし「OneDrive」の無料プランは 5GBしかないので、空き容量を確保して、しっかりバックアップしたいのなら「Microsoft 365 Personal」の契約などで 1TB(=1,000GB)の容量が使えると安心できます。

そのためには有料契約の必要がありますが、保存しきれないほどファイルが増え、パソコンの空き容量の確保やバックアップに悩むなら、月千円程度は快適なデジタル生活の必要経費と私は考えています。

 
◆◇◆

個人的には Amazon.co.jp で「Microsoft 365 Personal」の「オンラインコード版」をセールなどで購入することで月千円以下になるようにしています。

年に何度かのセールなどで購入すれば月800円程度にすることも可能です。

これで「OneDrive」に大切なファイルをバックアップしておけば、万が一、パソコンが壊れたり、紛失したりしても大丈夫、という安心感をもってデジタル生活を送ることができます。

 

もちろん「Microsoft 365 Personal」の契約では常に最新の「Microsoft Office」を 5台まで使用できます。

B00O2TXF8O

これと「OneDrive 1TB」と併せれば月千円くらいの価値は十分にあるでしょう。

 

理解を深めるための「パソコン用語解説

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコントラブルQ&A」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

年別Q&A (957 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコントラブルQ&A」ではトラブル解決のヒントなども紹介していますが、解決をお約束するものではありません。 トラブルの深刻度やご利用のパソコン環境によっては効果がなかったり、ほかのトラブルを誘発する場合もあります。そのため、作業前に大切なデータは、ご自身で必ずバックアップをおこなってください。

本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。