Windows 10「タイムライン」機能で Chrome の履歴を記録

質問「タイムライン」機能で Chrome の閲覧履歴を記録できますか?

回答マイクロソフト公式の専用 Chrome 拡張機能が公開されています。

「タイムライン」とは「Windows 10 April 2018 Update」で追加された機能で、Windows 10 パソコンで行った作業(アクティビティ)を最大 30日前まで時系列で一覧表示ができ、検索や再利用もできます。

この「タイムライン」には、過去にブラウザーで開いたウェブページも記録されますが、現在の対応ブラウザーは「Edge」だけで「Google Chrome(Chrome)」や「Internet Explorer」には対応していません。

 

そのため Chrome のユーザーは「タイムライン」機能を使うメリットが少なかったのですが、マイクロソフトが公式に専用の Chrome 拡張機能「Web Activities」を公開しているので試してみました。

英語版しかありませんが問題なく使えます。「窓の杜」でも紹介されており、編集部にて Windows 10 での動作確認も行われています。

「Chrome に追加」した後、Chromeメニューに現れた「Web Activities」アイコンをクリックして Microsoftアカウントでサインインしました。

 

すると「サインイン」のあと Chrome で開いたウェブページも「タイムライン」にきちんと記録され、一覧にタイル表示されることが確認できました。

「タイムライン」に表示されたタイルには、ウェブページのタイトルの後ろに「Web Activities」と表記されているので分かります。


◆◇◆

その「Web Activities」となったタイルを選んでクリックすると、そのウェブページが Chrome で開くと期待していたのですが「Edge」で開きます。

せっかく Chrome で開いたウェブページも「タイムライン」で再利用ができるようになったのですが、それを Chrome で開けないのは残念です。

「Web Activities」による履歴を開くブラウザーを変更できる設定でもあればいいのですが、今後の改良に期待しています。

 

理解を深めるための「パソコン用語解説

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコントラブルQ&A」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

年別Q&A (897 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコントラブルQ&A」ではトラブル解決のヒントなども紹介していますが、解決をお約束するものではありません。 トラブルの深刻度やご利用のパソコン環境によっては効果がなかったり、ほかのトラブルを誘発する場合もあります。そのため、作業前に大切なデータは、ご自身で必ずバックアップをおこなってください。

本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。