タッチ用 IE10 で「ページ フリップ」機能を有効にする

質問Windows 8 の IE10 で、連続したページをフリップ操作で次々にめくることができると聞きましたが、どうすればいいのでしょう?

回答「タッチ用 IE10」が開いた状態で「インターネットオプション」から「ページ フリップ」の設定をオンにします。

「タッチ用 IE10」でサイト上のリンクやボタンをタップして「次」のページに移動したあと、移動後の画面上を指で触れ、右方向に指を払う(フリップ)操作で「前」のページに「戻る」ことができます。

  

逆に、戻ったページで画面上を左にフリップすれば「進む」の操作ができます。

「戻る」「進む」ボタンを使うより、タッチ操作でサイトのページ閲覧が直感的にできます。

 

この「フリップ」を使った操作で、まだ開いていないページでも

複数のページで構成されたニュース記事、ブログの投稿、写真のスライドショーなどページが連続している

ときは、繰り返しフリップ操作をすることで、次々にページを「めくる」ことができます。

この機能を「ページ フリップ」と呼びます。

 

そんな「ページ フリップ」機能をオンにする設定は以下の通りです。

  1. 「タッチ用 IE10」が開いた状態で、画面右端をスワイプして表示されたチャームバーから「設定」をタップ。

 

  1. 「設定」バーで「インターネットオプション」をタップ。

 

  1. 「Internet Explorer の設定」バーで「ページ フリップ」の設定を「オン」にします。

 

特に「ページ フリップ」機能が便利な場面としては「Yahoo!JAPAN」や「Google」「bing」といった検索サイトでキーワード検索をしたとき、検索結果が何ページにも分かれているときでしょう。

 

検索結果の1ページ目を下までスクロールしても、開きたいページ候補が見つからないときには、2ページ目に移動するリンクをタップしないでも、左にフリップすることで「次のページ」に移動してくれます。

ポイントは「次のページ」を事前に開いていなくても、フリップでどんどん次の新しいページを開くことができることです。

 

フリップに慣れないときは、指で画面を押したまま左にスライドさせ、「次のページ」が画面の半分を超えたときに指を離す、という操作でも次の新しいページに切り替えられます。

 
◆◇◆

「タッチ用 IE10」をマウスで操作する場合でも、カーソルを画面右に近づけると右向きの矢印「>」が表示され、画面左に近づけると左向きの矢印「<」が表示されます。

そして「>」をクリックすると「進む」操作となり、「<」をクリックすると「戻る」操作となります。

同じように「ページ フリップ」がオンになっていると、マウスの操作でも検索結果などの複数ページを次々と切り替えることができます。

 

とはいえ、この

「ページ フリップ」はタッチ操作のときこそ便利

と実感できる機能なので、ぜひタッチパネルでお試しください。

 

理解を深めるための「パソコン用語解説

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコントラブルQ&A」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

年別Q&A (918 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコントラブルQ&A」ではトラブル解決のヒントなども紹介していますが、解決をお約束するものではありません。 トラブルの深刻度やご利用のパソコン環境によっては効果がなかったり、ほかのトラブルを誘発する場合もあります。そのため、作業前に大切なデータは、ご自身で必ずバックアップをおこなってください。

本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。