「チャームバー」とは Windows 8 の新しい操作メニュー

チャームバー(charm bar)」とは Windows 8 から導入され、画面右端に現れ、各種基本操作ができる縦長のメニューバーのことです。

Windows 8 では「スタート」ボタンがなくなり、予備知識なしで起動すると、どうやってシャットダウンするかさえ分からなくなっており、そういうときには、まず「チャームバー」を使うことになります。

◆ Windows 8 を終了(シャットダウン)する方法が分からない


 windows 8 の「デスクトップ」画面の一例

 

「チャーム(charm)」という言葉は、最近はあまり聞かなくなった気もしますが、チャーミングやチャームポイントといった使われ方もされるように、「魅力」といった意味があります。

一方で「charm」には「魔力」「お守り」「おまじない」という意味もあるので、あくまで想像ですが「チャームバー」は「魔法のように操作ができるバー」といった意味合いで名付けたのかもしれません。

 

「チャームバー」は通常、非表示の状態で隠れています。マウスやタッチパッド操作でカーソルを画面の右上隅か右下隅に合わせると白いアイコンが表示され、アイコンに向かってカーソルを少し動かすと背景が黒くなって「チャームバー」表示となります。

 

「チャームバー」を表示させるショートカットキーは

[Windowsロゴ]キー +[C]

となります。

 

「charm」の頭文字の「C」で覚えておけば忘れません。

再度、同じキー操作をすれば非表示に戻せます。

 

マウスではなく、タッチパネルで操作するときは、画面の右端から左方向にスワイプするだけで「チャームバー」が表示されます。

◆ Windows 8 のタッチ操作におけるタップ、スワイプとは


タッチ: スワイプ、タップなど

 

縦長の「チャームバー」には上から「検索」「共有」「スタート」「デバイス」「設定」というアイコンが並んでいます。

 

たとえば「設定」アイコンをクリックすると画面右端から「設定」に関するメニューやアイコンが表示される領域が現れ、これを「設定」チャームと呼ぶこともあるので覚えておくといいでしょう。

 

マウス操作の場合、

「チャームバー」はボタンをクリックすれば表示されるのではなく、カーソルの移動により表示させる

ので、マウス操作の場合、直感的とも、あまり親切ともいえません。

 

「チャームバー」を開く「チャームボタン」があるといいのですが...。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (446 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。