Windows 8 のタッチ操作におけるタップ、スワイプとは

タッチパネルを使ったスマートフォン、タブレット端末が人気となり、指先で画面に触れる「タッチ操作」で使われる「タップ」や「スワイプ」といった特有の用語も耳にするようになりました。

ただし、機種や OS によって少しずつ用語にも違いがあるので、今回は Windows 8 で使われているタッチ操作を中心に解説していきます。

 

◇タップ(Tap)

画面上のアイコンやボタン、選択したいポイントを指先で軽く「ポン」と叩くように触れてからすぐ離す操作

  • タップしたタイルやアイコンのアプリが開いたり、ボタンや特定のポイントに割り当てられたアクションが実行される
  • マウスのクリックと同様のアクションが多い
  • 2回続ければ「ダブルタップ」となる

  

この絵だと、触れた後、離したかどうかはっきりしませんが、「タップ」は「触れてから離す」までの一連の操作というのがポイントです。

 

長押し(Press and hold)

画面上のアイコンやボタン、選択したいポイントを指先で軽く押した(Press)まま、少し待つ(Hold)操作

  • タッチした項目に用意されたメニューが表示されたり、選択の確定など状況に応じたアクションが実行される
  • マウスの右クリックと同様のアクションが多い

 

スライド(Slide)

画面上の一点を指先で軽く押さえ、そのまま離さず、画面上をなぞるように動かす操作

  • 画面の表示内容を移動「スクロール」させたり、押さえた項目の「移動」「並べ替え」などを実行する
  • マウスでドラッグ(左ボタンを押したままマウスを移動)するのと同様のアクションが多い   

 

スワイプ(Swipe)= すばやく短い「スライド」?

画面上の一点を指先で軽く押さえ、そのまま離さず、画面上をすばやく、短く、動かす操作

  • 押さえた項目を移動させたり、画面の端に隠されたメニューを引き出したり、引っ込めたりする
  • マウスのドラッグ操作と同様のアクションが多い

 

【ポイント】 「フリック」「プリップ」というタッチ操作もあります。

フリップ(fip)」は、触れた画面上で指を操作方向にスライドして、最後は払うように離す操作。

フリック(flick)」は、触れたポイントで指を操作方向に弾くように跳ね上げ、最後は離す操作。

統一されていない部分もありますが、ざっとこんな感じです。

 

 そもそもの英単語の意味からイメージしてみてもいいでしょう。

「タッチ(Touch)」=「触れる」
「タップ(Tap)」=「軽くたたく」
「スライド(Slide)」=「滑らす」
「ドラッグ(Drag)」=「引きずる」
「スワイプ(Swipe)」=「拭い取る」

「フリック(Flick)」=「すばやく動かす、弾く」
「フリップ(Flip)」=「(指先などで)はじく、払う」」

 

マイクロソフトの公式サイトにも解説ページがありますが、どうにも「スライド」「スワイプ」「ドラッグ」の区別が曖昧です。   

タッチ: スワイプ、タップなど

この絵から「動きが短い」のがスワイプと伝わるかは微妙です。

 

スライドは一直線に滑らせ、ドラッグはまっすぐでなくてもいいのでアイコンやウインドウなど対象物を引きずった感じです。

◆ 「ドラッグ(drag)」とは押したまま引きずる操作方法

この違いも微妙ですね。

 

とにかく最初は

「タップ」と「スワイプ」という2つの耳慣れない用語

を覚え、それを使った操作を理解できれば十分でしょう。

 

実際、タッチ操作は体(指先)が覚えてくれたら、操作方法の名前はあいまいでも、徐々に使いこなせるようになります。

それでも、本や雑誌などでタッチ操作の説明を読んだり、教わったりするときは、こうした操作の用語を知っておいたほうが便利です。

 

ちなみに今回の解説に使った画像のフリー素材は、以下のページからダウンロードして誰でも利用できます。

◆ Touch Gesture Icons | Mobile Tuxedo(英文サイト)

言葉での説明に困ったら、使えるかもしれません。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (498 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。