画面の OCR ツール「Text Extractor」とは

Text Extractor」とは Windows 機能強化プログラム「Microsoft PowerToys」のひとつで、画面上の選択範囲を画像データとして取得して、その中の文字をテキスト化してクリップボードに保存できます。

要するに画面をスクリーンショットした画像を「OCR」するツールです。

「クリップボード」に保存することで、すぐ利用できるのは便利です。

「Microsoft PowerToys」については以下も参考にしてください。

その「PowerToys」に 2022年9月、バージョン 0.62 から追加された新機能のひとつが「Text Extractor」です。

無償でインストール、バージョンアップができます。

「Text Extractor」は初期設定のままなら専用のショートカットキー

Windows + Shift + T

で起動状態になります。キーの組み合わせは設定で変更も可能です。 

wd220907-04.png

 

起動すると画面全体が灰色のフィルターに覆われ、同時にカーソルが十字型になります。

wd220907-05.png

 

このカーソルを移動させ、テキスト化したい範囲を四角で囲むように四隅の一箇所で左ボタンを押し、対角線方向にドラッグします。

wd220907-06.png

これで選択された範囲だけフィルターが切り抜かれたようにはっきり見えるようになり、狙った範囲が選択できたら左ボタンを離すことで画像データとしての取り込み(キャプチャー)が実行されます。

 

取り込むと同時に画像としての文字をテキスト化してクリップボードに保存されるので「Windows + V」で結果を確認したり、「Ctrl + V」でテキストエディターなど各種アプリに「貼り付け」ができます。

wd220907-08.png

結果として英単語で変換ミスがあり、テキスト化した日本語の文字間には不要な半角スペースが挿入されることも多いようです。

※  r が 「 に変換されるというのは、かなりつらいです。

 

とりあえずテキストエディターで半角スペースを検索して、スペースなしに置換してみましたが、余分な手間です。

wd220907-09.png

まだまだ開発中という感じですが、コピーできない画面上の文字をテキスト化したいときに使えそうなので、今後の改良に期待しています。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

同じカテゴリー「ソフトウエア活用」の記事

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (654 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。