「Windows Sandbox(サンドボックス)」とは

Windows Sandbox(サンドボックス)」とは、「Windows 10 May 2019 Update (1903)」で追加された機能で、試したいアプリを起動しても元の Windows 10 に影響を与えないで実行できるテスト用の Windows 環境のことです。

 

たとえば魅力的なアプリの完成前にプレビュー版を入手して、試してみたいけど、通常の Windows にインストールして不具合が起きるのは避けたい、といった場合、隔離された環境があると便利なわけです。

 

「Windows Sandbox」を実行し、その環境にインストールしたアプリは Sandbox 内にのみ存在し、元の Windows 10 に影響を与えません。Sandbox を閉じるとアプリのファイルもデータも完全に削除されます。

「Sandbox(サンドボックス)」とは「砂の箱」の意味になりますが、砂に覆われて隔離されたエリアで実験すれば、何か起きても外部には影響がない(少ない)環境をイメージできます。

 

ただし「Windows Sandbox」が提供されるエディションは Windows 10 Pro または Enterprise のバージョン 1903 以降です。

つまり Windows 10 Home ではバージョン 1903 以降でも利用できません。

さらに Winodws 10 の上で Windows 10 を動かすような環境ですから、動作は重くなり、快適に使うには通常の Windows 環境より高スペックなパソコンが必要となります。

  • BIOS で有効化された仮想化機能
  • 4GB 以上の RAM(8 GB 以上を推奨)
  • 1GB 以上の空きディスク容量(SSD推奨)
  • 少なくとも 2つの CPUコア(ハイパースレッド対応の 4コア推奨)

そのほか詳しくは起動方法を含め、以下のページに紹介されています。

一般の利用者が使う機会は少ないですが、アプリを安全に検証できる環境「Windows Sandbox」が「May 2019 Update」で Windows 10 Pro に提供されたことは興味深いので取り上げてみました。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (498 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。