「PIN(ピン)」「PINコード」とは

PIN(ピン)」とは「暗証番号」のことであり、海外のキャッシュカードなどでも暗証番号を「PIN」と表記しているのを見かけます。

PIN」は「Personal Identification Number」の略で、まさに個人(Personal)を認証(Identification)するための番号(Number)、つまり「個人識別番号」を意味する英語の頭文字というわけです。

 

セブン銀行の ATM の使い方ガイドの英語版でも「暗証番号」は「PIN code」と表示されています。

How to use ATM | Seven Bank Ltd.

 

「PIN」の「N」は「Number」なのに「PIN Number」と呼ばれることもありますが、「ピン」とだけ聞くと略語なのかもピンとこないので、後ろに「ナンバー」や「コード」を付けているともいえます。

 

LINE のアカウント乗っ取りが問題になったため、LINE は対策としてログイン時に必要なメールアドレスとパスワードに加えて、新たに「PINコード」を追加設定することで不正アクセスを防ごうとしています。

【重要】スマートフォン版LINEのセキュリティ強化のため、「PINコード」による本人確認手順を追加しました(7/17開始) : LINE公式ブログ

 

Windows 8 でもタッチ入力でサインインするときに長いパスワードの入力は大変なので「サインイン オプション」として「4桁の数字」を使った「PIN」を追加で設定できるようになっています。

 

「PIN」自体は以前から使われていた用語ですが、最近になって割と身近なサービスでも目や耳にすることが増えたので紹介しました。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (446 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。