「WiMAX(ワイマックス)」で高速モバイルインターネット

2009年7月に大都市圏で有料サービスを開始したデータ通信サービス「UQ WiMAX(ユーキュー ワイマックス)」ですが、なんといっても受信最大40Mbps(送信最大10Mbps)という高速接続が魅力です。

UQ WiMAX

WiMAX というのは、適当に無線(WiFi)で最大(MAX)速度といった意味でかと想像していたのですが、正しくは「 Worldwide Interoperability for Microwave Access 」の略語(愛称)です。

UQ WiMAX | WiMAXとは?

Interoperability(インターオペラビリティ)には「相互運用性」といった訳が付いていますが、要は世界規模(Worldwide)でつながるといったことを名前にしたかったのでしょう。

 

このあと WiMAX がもっと普及するかのポイントは、使えるエリアがいかに早く整うかです。サービス開始時に私が予想していたより着実に拡がっていますが、まだ都市部が中心といえるでしょう。

サービスエリア | UQ WiMAX
速報!エリア拡充情報! | UQ WiMAX

エリア内で期待通りの高速接続ができれば、料金設定も分かりやすく、特に1年契約なら使い放題で月3,880円というのは魅力的な設定です。

料金/サービス | UQ WiMAX

 

導入する前に自分が使う場所で安定した接続ができるか、事前に「お試し」しておくことが大切です。

◆ Try WiMAX レンタルの申込方法 | UQ WiMAX

同じ家でも部屋によって受信の感度が違うなど、事前確認はしっかりおこないましょう。

 

それでも普及が遅れると、携帯電話回線を使った「受信100Mbps以上、送信50Mbps以上」という高速接続「LTE」もどんどん拡大してきます。

LTEサービス「Xi」(クロッシィ) | NTTドコモ

こちらの「LTE」も、まだ登場したばかりで、サービスエリアは限られていますし、料金も WiMAX より割高なので「これから」という感じです。

競争をしながら機能的にも料金的にも使いやすくなって欲しいですね。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (446 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。