第二世代 Core i シリーズ「Sandy Bridge」

2011年になって早々、インテル社から新しい CPU 製品群が登場してパソコンの自作が好きな人などを中心にそこそこ話題になっています。

CPU(Central Processing Unit:中央処理装置)はパソコンの 頭脳部となる部品のことですね。ペンティアム、Core 2 Duo (コアツーデュオ)などの商品名は聞いたことがあるでしょう。

具体的には、開発コード名で「Sandy Bridge(サンディブリッジ)」と呼ばれていた「第二世代の Core i シリーズ」で Core i7-2600、Core i5-2500 といった商品名のついた最新の CPU 製品群です。

【特集】「Sandy Bridge」完全攻略!! Core i7-2600K と
 Core i5-2500Kを徹底的に試す (マイコミジャーナル)


  

ちなみにコード名は開発中に使う「愛称」のようなものです。

 

そもそも「Core i(コアアイ)」シリーズからしてよく分からないという場合は、以前に私の書いた解説も参考にしてみてください。

今週の用語解説 インテルのCPU「Core i7」

要するに「Core 2 Duo」の次に登場した商品群が「Core i シリーズ」であり、今回の「Sandy Bridge」は、その第二世代で Core i7-2600 のように商品名の後ろには「4桁の数字」が付いています。

※ 第一世代は「3桁の数字」なので見分けがつくはずです。

 

正直、パソコンでは主にワードやエクセルを使い、あとはブラウザーとメーラーでインターネットを楽しむ程度、という利用者が詳しく知る必要はありません。というか、技術的な説明が専門的すぎます。

それでも今後、新しいパソコンにはこの「次世代 Core i シリーズ」が使われてくるので、買う時にカタログで CPU が最新のシリーズかどうかをチェックできるくらいにはなっておいて損はありません。

 

少しだけ技術的な解説をしておくと「Sandy Bridge」の最大の特徴は4つの「コア」にグラフィックス機能が CPU 内で統合されたことで、より高速、低電力で画像や動画の処理ができるということです。

※とはいっても、最新の3Dゲームなどには単体では力不足です。

逆に動画といっても、たまにインターネットや DVD で楽しむ程度の利用者にこそ恩恵があり、ちょっとしたゲームを楽しみたいときに価値を発揮する CPU といえるかもしれません。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (446 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。