「ドロップシッピング」とは確実に儲かる仕組みなのか?

書店でネット系の棚に寄ったら「はじめよう!ドロップシッピング」などのタイトルで「ドロップシッピング(Drop-shipping)」を紹介する書籍が一気に増えていたので驚きました。

追記(2012/3/6)

最近、「ドロップシッピング」で確実に儲かると誘い、契約金をだまし取る悪質な詐欺の容疑で逮捕者が出ました。

◆ ドロップシッピング商法で初摘発 詐欺容疑で実質的経営者を逮捕 - SankeiBiz

◆ ドロップシッピング詐欺の実態に迫る|企業法務ナビ

そんなこともあり、5年前に紹介した「ドロップシッピング」の用語解説を掲載しました。

とにかく「ドロップシッピング」に限らず「確実に儲かるから初期費用を出して」といった甘い話には乗らないことが肝要です。

 

この言葉自体は、昨年(2006年)後半あたりから耳にするようになっていたのですが、関連本の数からも急に注目度が上がってきています。

間違いやすいのですが、用語の最後の部分は「ショッピング」ではなく「シッピング」です。

「シッピング(shipping)」とは「発送」「出荷」の意味で、「drop−shipping」には「直送」といった意味があります。

 

つまり「ドロップシッピング」とは、ネットショップの運用方式の一形態で、

商品の値決めや販売はネット上の自分のお店でおこない、受注したら専門の仕入サイトに発注して、買い手に直接、商品を発送させることで、在庫なしで発送の手間がない

ということで注目されている販売方式です。

 

似たような用語で「アフィリエイト」という仕組みがあります。

簡単にいえば自分のブログやホームページにアクセスしてきた人に契約したネットショップを紹介して、その人が、そのお店で商品を買ったら売上の数%が手数料としてもらえる、というカラクリです。

 

この「アフィリエイト」では、しっかりとしたショップと契約して、普通に紹介していればトラブルはほとんどありませんが、紹介手数料は売上の1?3%程度なので収入は「お小遣い程度」なのが大半です。

一方で「ドロップシッピング」では、自分で価格を設定できるので売れた場合の利益幅は大きくなります。

 

そのかわり「ドロップシッピング」では商品に関するお問い合わせ対応から、売上処理、返品処理などはきちんと必要で、在庫管理と発送業務がないこと以外、通常のネットショップと同じです。

ネットショップの運用知識や実務能力がなければ、手軽に確実に儲かるような仕組みではないことだけは確かです。

 

 「ドロップシッピング」で検索すると、あまりにも「ノーリスク」を強調するサイトがありますが事実とは違います。

自分の紹介で商品を売る以上、「ノーリスク」ではありません。商品に対するクレームなどにも対応しなければなりません。

 

とにかく、そういう販売形態のネットショップもある、ということだけ知っておけば十分でしょう。

 

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (446 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。