「Web 2.0」とは次世代のウェブ技術や活用方法

2005年頃より、新聞や雑誌、テレビなどでも目にしたり、耳にすることが増えてきた新しい言葉「Web2.0」ですが、どうにも幅広くて、解説などを読んでも、今ひとつ分かりません。

もともとは米国IT業界で著名なティム・オライリー氏らが提唱した言葉、概念であり、特定の技術や商品を指すものではなく

「次世代のウェブ技術やその活用方法」を指す総称

ということです。

 

現在までのウェブ技術を初代とするなら、次世代は「バージョン2」として「Web2.0」と呼びましょう、ということであり、すでにその次世代の段階に突入しているということです。

◆ Web2.0の本質から読み取るWebビジネスの心得とは?
 (2006/2/4 @IT)

 図 Webビジネス構造の変化 「出所:野村総合研究所」 

 

初期の頃のウェブページは情報を公開するだけのもので、独立したウェブページがリンクにより、つながっているといった状態でした。

それが徐々にデータベースから情報を抽出できたり、購入ができるなど「ウェブサービス」と呼べるサイトが登場、使い道が広がってきましたが、多くは利用者に提供されるだけのサービスでした。

 

そんな中、すでに登場し始めている新サービス(ブログやウィキ、ソシャルネットワーキングなど)にも見られるように

ウェブ機能を使って、参加者が自ら生成させた情報を公開したり、
共有したり、一緒にデータを蓄積していくことができる

ようになってきました。

 

さらに、いちいち読み込まなくてもサービスが受けられる新技術が登場し、それを部品のように活用できるようにもなってきました。

その代表例が滑らかに地図情報を表示できる「Google Map」でしょう。

Google ローカル

Google Map を部品としてサービスに組み込んだサービスは増えています。

◆ マップコミ クチコミ地図サイト

 

今後、もっと技術が進み、ウェブ同士の結びつきを利用した新しいサービスが生まれてくると同時に、既存のサイトも、それらの新機能を内部に組み込むことで、この流れに参加できるようになるのです。

 

もっと噛み砕いて、具体的なサービスも挙げて欲しいという方には以下の解説ページを紹介しておきますので参考にしてみてください。

今日から始める! Web 2.0 超入門講座

とりあえずは「Web2.0」という言葉がある、と知っている程度でも利用者としては十分ですし、要はそこから生まれる新しいサービスに期待すると同時に、その恩恵を享受すればいいのだと思います。

 

 

追伸(2012/2/8)

この解説を書いてからあっという間に6年近くが経過しましたが、Web 2.0 という用語はほとんど聞くことがなくなりました。

でも、それはある意味、それだけ

Web 2.0 は当たり前に浸透した

といえるのかもしれません。

では Web3.0 は?となりますが、以下のティム・オライリー氏も参加したインタビュー記事をお読みください。

◆ Web 3.0はもうすでに来ている?(2011/4/19)

そして「答えは、イエス、そしてノーだ」というのが Web x.x という言葉の本質のような気がします。

 

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (446 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。