「デジタルデバイド」とはもはや死語?

「IT(Information Technology:情報技術)」と共に「デジタルデバイド」という言葉が一時期、流行のように新聞やテレビなどで取り上げられていましたが、最近ではあまり聞かなくなりました。

「デバイド(Divide)」は「割る、分ける」、さらには「信条や生き方が違うグループ間に存在する大きな『違い』」といった意味があります。

つまり「デジタルデバイド」とは(インターネットを核とした)情報技術社会が進む中、パソコンや携帯電話などデジタル機器を使える層と使えない層との間には「情報による格差」がある、と心配されたわけです。

 

2004年1月4日の日経新聞の特集に

総務省調査で日本のインターネット利用者(2002年末)は 6,942万人、人口比で54.5%。60-64歳の高齢者で32.8%、障害者のネット利用率も29.2%。デジタルデバイドは死語に近い

と書かれていて、面白いと思う反面、違和感を感じました。

 

多くの人が、毎日のようにネット経由でのサービスを使いはじめると「使えることが当たり前」になってきます。

すると使えない人たちのことなど気にならなくなり、実は騒がれなくなってきた頃が最も「情報による格差」が広がると心配しています。

 

「持っている」のと「使いこなせる」のとは別の話です。

 

もちろん「デジタルデバイド」などという言葉で、大上段から構える必要はありませんが、誰もが簡単に、便利に、新しい情報技術による恩恵を受けられる社会が育っていけばいいですね。

 

追記(2012/2/5)

この解説を書いてから、すでに8年も経過しましたが、本当にデジタルデバイドという言葉は聞かなくなりました。

一方で「情報弱者」という意味の「情弱」といった嫌な言葉を目にすることが増えました。

そんな言葉と比べれば、デジタルデバイドのほうがまだましです。

「パソコントラブルQ&A」や「パソコン用語解説」が、そんなデジタルデバイドをほんの少しでも和らげる一助になりたいと願っています。

 

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (446 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。