「ベストエフォート」の速度とは理論的な最大値?

「さらに接続速度が向上しました!」といった広告があった場合、その隅に小さな字で「この値はベストエフォートです」などと書かれています。

エフォート(effort)とは受験英語にも出てきますが『努力』の意味です。

つまり「ベストエフォート」は『最大限の努力でこのあたり』 という保証もしないし、多くの場合、達成できない数値です。

 

ADSL は利用者の家から電話局までの距離が近ければ近いほど、速度が速く、理論値に近づく、というのは有名な話ですが、この「理論値」が「ベストエフォート」の値になっている場合がほとんどです。

さらに言えば「ベストエフォート」は、最低速度の保証もしません、と言う意味でも使われています。「保証はできません。でも、できるだけの努力はしました!」ということになるのでしょうか...

ベスト・エフォートってどういう意味? - ITpro

 

商売ですから「速い」ことを売りにしたい気持ちは良く分りますが、ほぼ実現不可能な理論値を使って「最大で40メガ!」といった表現をするのは無理があります。

たとえば「運がよければ40メガに近づきます!」とか...

 

ということで「ベストエフォート」という言葉が出てきたら、話半分くらいに聞いておきましょう。

そうすれば実際に導入後、半分くらいの速度だったとしてもガッカリしなくて済みますし、もし期待以上の速度が出れば嬉しい誤算となります。ネット生活の知恵かもしれません。

 

追記(2012/1/28)

記事を書いた当時は ADSL でしたが、現在でも回線速度の実際とベストエフォートとの違いの問題はなくなっていません。

特に携帯回線を使った接続や公衆無線LANなど、理論値と実際の速度との差は大きく、今後もベストエフォートという言葉には注意しないといけません。

 

期待していた速度が出ない!という読者の方からのメールに回答したQ&Aがありますので合わせてお読みください。

ブロードバンドにはガッカリ!?(03.01.29)

このあたりが編集長の回答としては「ベストエフォート」です。

 

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (498 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。