「ADSL」とは非対称デジタル加入者回線の略

インターネット接続で一世を風靡した「ADSL」ですが「何の略?」と聞いても答えられる人はあまりいないでしょう。

ADSL = Asymmetric Digital Subscriber Line
非対称デジタル加入者回線

 

なぜ、2000年代前半に ADSL が大きく普及したかですが、まずは Yahoo!BB により料金が劇的に下がったことがあります。

次に従来と比べると高速接続だし、ケーブルテレビ回線や光ファイバ回線と違い、特別な回線を引く必要がなく「普通の電話回線」が利用できることが挙げられるでしょう。

 

この「普通の電話回線」のことを英語で「Subscriber Line」と言います。

「Subscribe」は「(新聞や雑誌などを)購読契約する」ときに使う動詞で、電話回線に加入する場合もこの動詞です。

 

一方で「symmetric(シンメトリック)」は「対称」という意味です。

※ 「sym」「syn」は「一緒に」「分け合う」といった意味で、あの
  シンクロナイズドスイミングの「synchro」の「syn」も同じです。

これに「反対」を意味する「a」を付け「asymmetric」=「非対称」といった意味になります。

ADSLの場合、電話局から利用者に信号が伝わる速度(下り)のほうが、利用者から電話局に信号が伝わる速度(上り)よりも速いという技術的な特性を「非対称」と表現しています。

 

つまり

「普通の電話回線」を利用して、

デジタル信号を伝える速度が「上り」と「下り」で非対称な

インターネット接続方法

のことを「ADSL」と呼ぶわけです。

 

『非対称でない』技術方式もあるため、普通の電話回線を使ったデジタル伝送方式を「DSL」あるいは「xDSL」と総称することもできます。

普通の電話回線ではもう高速化は限界だから、すぐにケーブルテレビ回線や光ファイバ回線に移行するという話だったのに、その間にうまく滑りこんだという感じです。

 

追記(2012/1/28)

2000年代後半になると光回線接続が普及し、ADSL契約は頭打ちになりましたが、それでも日本でインターネット利用が広がった立役者として忘れることはできません。

それに従来の電話回線が生かせ、低料金という魅力は変わっておらず、注目されることは少ないとしても、今後も残っていく接続方法だといえるでしょう。

 

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (498 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。