「ウェブサイト」と「ホームページ」の違いとは

インターネット関連の用語は変化していくので、どの表現が「正確」なのか曖昧になる場合があります。その典型が「ウェブサイト」と「ホームページ」かもしれません。

「サイト(site)」には「場所、用地、敷地」といった意味があり、たとえば「キャンプサイト(キャンプ場)」とか「ミサイルサイト(ミサイル基地)」といった英単語でも使われています。

そしてインターネット上で特定の「場所」を指定できる「アドレス(ドメイン)」を持ったウェブページの集合体が「ウェブサイト」となります。

この「ウェブサイト」のことを「サイト」と呼ぶこともあります。

 

一方、「ホームページ(homepage)」とは「最初にスタートするページ」ということで、ウェブブラウザーを起動したときに最初に開くページのことです。単純に「ホーム」と呼ぶこともあります。

 

「最初にスタートするページ」ということから、各ウェブサイトで一番、上位にある、最初に表示されるページ(トップページ)を「ホームページ」と呼ぶこともあります。

さらに日本ではインターネットが普及する過程で、トップページだけでなく中身(下層にあるウェブページ)も含め、ウェブサイト全体を「ホームページ」と表現することが広まり、いまに至っています。

厳密には違うとしても、現実として日本では「ホームページ」と「ウェブサイト」がほぼ同じ意味で使われている場合があることは理解しておいたほうがいいでしょう。

 

確かに個人や会社・団体、固有の商品や映画紹介などに特化したページは「xxxのホームページ」と呼ぶほうが親しみを与える効用はあるかもしれません。

それでも、英語版を作成する場合は「official website(オフィシャル・ウェブサイト)」といった表現にするべき、ということになります。

 

一方で「技術的なカラクリを駆使したページ」や「あるジャンル全体を扱うようなページ」は断然「xxxサイト」と呼ぶほうがしっくりきます。

たとえばインターネット上の情報を検索するカラクリを利用できるのは「検索サイト」、あるジャンルの総合的な情報を詰め込んだのは「ポータルサイト」といった感じです。

 

なにはともあれ、元の意味は理解しつつも、相手や状況に応じて柔軟にその意味を判断すればいいでしょう。

 

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (498 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。