Chrome を立ち上げたとき(起動時)に開くページの設定

質問Google Chrome を立ち上げたときに開くページが希望するページと違う場合は、どう設定すればいいですか。

回答「設定」画面の「起動時」項目で開くページを設定します。

ブラウザーの起動時に開くページが希望のページと違う、特に「ホーム」ボタンを押して開くページと違うケースがあります。

qa221102-01.png

理由は「起動時に開くページ」は「ホーム」ボタンで開くページと同じとは限らず、違うページでも設定できるためです。

そこで Google Chrome で「起動時に開くページ」を設定する手順を紹介します。

  1. 画面の上の「アドレスバー」右端にある「設定」アイコンを選択
    qa221102-02.png
  2. 「設定」メニューが現れるので、メニューから「設定」を選択
    qa221102-03.png
  3. 開いた「設定」画面の左メニューから「起動時」を選択
    wd221102-04.png
  4. 「起動時」画面で起動時に開くページは以下の3つが選択できる。
    A.新しいタブページを開く
    B.前回開いていたページを開く
    C.特定のページまたはページセットを開く
    その中で「希望しているページ」を開きたいときは「C」を選択
    qa221102-04.png
  5. すでに「特定のページまたはページセットを開く」に希望と違うページが設定されている場合、そのページ設定の右端にある「その他の操作」アイコンをクリック、現れたメニューで「編集」を選択。
    qa221102-09.png
     
  6. 「ページの編集」画面が開くので「サイトの URL」項目に希望しているページの URL を入力、あるいはコピペして「保存」
    qa221102-10.png

これで Chrome の起動時に希望しているページが開くことになります。

もちろん「特定のページまたはページセットを開く」で設定するページとして「ホーム」ボタンで開くページと同じ URL の設定も可能です。


◆◇◆

「特定のページまたはページセットを開く」にページが何も設定されていない場合、希望するページを設定する方法は以下の2つになります。

A.「新しいページを追加」する方法

  1. 「設定」の「起動時」画面を開く
  2. 「特定のページまたはページセットを開く」項目を選択
  3. 「新しいページを追加」を選択
    qa221102-05.png
  4. 「新しいページを追加」画面が開く
  5. 「サイトの URL」項目に希望しているページの URL を入力、あるいはコピペして「追加」ボタンを選択
    qa221102-06.png

B.「現在のページを追加」する方法

  1. ブラウザーで希望しているページだけを開く
  2. 「設定」の「起動時」画面を開く
  3. 「特定のページまたはページセットを開く」項目を選択
  4. 「現在のページを追加」を選択
    qa221102-07.png

「A.新しいページを追加する方法」のほうが分かりやすいかもしれません。

 

「現在のページを追加」で余分なページが追加された場合など、そのページ設定の右端にある「その他の操作」アイコンをクリック、現れたメニューで「削除」を選択します。

 

qa221102-08.png

これで起動時に開くページの削除ができます。

 

理解を深めるための「パソコン用語解説

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコントラブルQ&A」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

同じカテゴリー「ウェブブラウザ」の記事

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

年別Q&A (1061 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコントラブルQ&A」ではトラブル解決のヒントなども紹介していますが、解決をお約束するものではありません。 トラブルの深刻度やご利用のパソコン環境によっては効果がなかったり、ほかのトラブルを誘発する場合もあります。そのため、作業前に大切なデータは、ご自身で必ずバックアップをおこなってください。

本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。