ブラウザーで「起動時に開くページ」と「ホーム」の違いとは

起動時に開くページ」とは、ブラウザーを起動したときに開く特定のページのことで、複数ページ(ページセット)の設定も可能です。「ホーム」ボタンで開くページと同じにも、別にも設定できます。

かつて主流だったブラウザーの Internet Explorer では「ホーム」ボタンで開くページを「ホームページ」と呼び、ブラウザーを起動時には「ホームページから開始する」設定が一般的でした。

wd221102-01.png

そのため、とりあえず

  • 起動時に開くページ = 「ホーム」ボタンで開くページ

と理解すればよく、それほど混乱することはありませんでした。

 

ところが Internet Explorer に「タブ」機能が導入され、ひとつのウインドウで複数のページを同時に開き、表示するページを「タブ」で切り替えが可能になってから定義が分かりにくくなりました。

つまり「ホーム」ボタンを押して開くページの設定で、複数ページを設定できるようにしたために「ホームページ」が複数存在するような状況が生まれ、混乱しやすくなったといえるでしょう。

 

そんな中、登場当初から「タブ」機能が標準だった Google Chrome は「起動時に開くページ」と「ホームボタンで開くページ」を完全に分けて設定できるようにしています。

「ホームボタンで開くページ」はひとつだけ設定できるようにしています。

wd221102-02.png

そして、それとは別に「起動時に開くページ」はひとつでも複数でもページの設定ができるようになっています。

wd221102-03.png

もちろん「起動時に開くページ」に「ホームボタンで開くページ」と同じページを設定できますが、別のページにすることもできるのです。

 

このように「起動時に開くページ」と「ホームボタンで開くページ」で分けたのはいいのですが、Chrome がまずいのは2つの項目を設定する画面が違うことです。

◇ 起動時に開くページの設定

  1. 「設定」画面で左のメニューから「起動時」を選択
    wd221102-04.png
  2. 「起動時」設定で以下の3つから選択
    A.新しいタブページを開く
    B.前回開いていたページを開く
    C.特定のページまたはページセットを開く   

◇ ホームボタンで開くページの設定

  1. 「設定」画面で左のメニューから「デザイン」を選択
    wd221102-05.png
  2. 「デザイン」設定で「ホームボタンを表示する」をオンにして以下の2つから選択
    A.新しいタブページ
    B.カスタムのウェブアドレスを入力

特に「ホームボタンで開くページの設定」が「デザイン」設定に分類されるとは想像しにくいです。できれば「起動時に開くページ」と「ホームボタンで開くページ」は同じ設定画面でできるようにして欲しいです。

 

一方、現在の Microsoft Edge は Google Chrome と基本的には同じ「ブラウザーエンジン(Chromium)」を採用しており「起動時に開くページ」と「ホームボタンで開くページ」の設定は別の項目です。

それでも後発の Edge は「起動時に開くページ」と「ホームボタンで開くページ」は同じ設定画面で一緒にできるようになっています。

つまり「設定」画面で左のメニューから、その名もズバリ

[スタート]、[ホーム]、および[新規]タブ

項目を選択して開いたひとつの画面で

  • Microsoft Edge の起動時
  • [ホーム]ボタン
  • 新しいタブページ

のすべてを一緒に設定できるようにしているのです。

wd221102-10.png

この点に関しては Edge の設定画面のほうが明らかに分かりやすいので、Chrome でもぜひ採用して欲しいです。

 

ということで現在、ブラウザーを立ち上げたときに開くページが希望するページと違う場合は

  • Chrome では「デザイン」設定
  • Edge では『[スタート]、[ホーム]、および[新規]タブ』設定

の画面を開き、変更や編集することになります。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

同じカテゴリー「ウェブブラウザー」の記事

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (663 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。