Windows 11 から「ショートカットメニュー」が変わった

質問Windows 11 で右クリックで現れるメニュー(ショートカットメニュー)の項目が違っています。

回答項目を整理したようですが、従来のメニューも表示は可能です。

Windows 11 にアップグレード後にファイルやフォルダーを右クリックして現れるメニュー「ショートカットメニュー」が変わりました。

たとえばデスクトップ上のフォルダーを右クリックするとパソコン環境や選択したものによって違いますが Windows 10 ではメニュー項目は上から

  • 開く
  • クイック アクセスにピン留めする
  • アクセスを許可する
  • ライブラリーに追加
  • スタートメニューにピン留めする
  • 送る
  • 切り取り
  • コピー
  • ショートカットの作成
  • 削除
  • 名前の変更
  • プロパティ

などが並んでいました。

これが Windows 11 ではメニュー項目は上から

  • 各種操作アイコン(切り取り/コピー/名前の変更/共有/削除)
  • 開く
  • クイック アクセスにピン留めする
  • スタートメニューにピン留めする
  • ZIPファイルに圧縮する
  • パスのコピー
  • プロパティ
  • Windowsターミナルで開く
  • その他のオプションを表示  

などが並ぶようになりました。

qa210112-01.png

 

Windows 11 で「切り取り/コピー/名前の変更/共有/削除」といった項目をアイコンにして一番上にまとめたのは確かに便利かもしれません。

qa210112-02.png

 

一方、これまで「ショートカットの作成」や「送る」といった項目を利用していた人にとって Windows 11 の「ショートカットメニュー」では表示されないのは不便に感じるかもしれません。

qa210112-03.png

 

そんな『Windows 10 のときと同じ「ショートカットメニュー」を Windows 11 でも使用したい』ときは、変更されたメニューの一番下にある「その他のオプションを表示」を選択すれば切り替わります。

wd210112-07.png

あるいは Windows 11 でもショートカットキー Shift + F10 で以前の「ショートカットメニュー」が現れます。

 
◆◇◆

確かに右クリックで現れるメニューの項目が多いと探すのも選択するのも大変なので、項目を絞ってメニューが短くなると便利になる場合もあります。

それでも従来はメニューにあった「ショートカットの作成」や「送る」が Windows 11 では一発では使えず、使うには「その他のオプションを表示」を選択するか Shift + F10 を押すしかなくて二度手間です。

実は「レジストリー」を編集することでも以前と同じ「ショートカットメニュー」が現れるようにもできますが、普通の設定ではないので今回は紹介しません。標準の設定で変更できるようにしていただきたいものです。

 

理解を深めるための「パソコン用語解説

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコントラブルQ&A」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

同じカテゴリー「Windows 11」の記事

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

年別Q&A (1050 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコントラブルQ&A」ではトラブル解決のヒントなども紹介していますが、解決をお約束するものではありません。 トラブルの深刻度やご利用のパソコン環境によっては効果がなかったり、ほかのトラブルを誘発する場合もあります。そのため、作業前に大切なデータは、ご自身で必ずバックアップをおこなってください。

本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。