長いアドレスを短くする「Google URL Shortener」の使い方

質問メールや SNS などで相手に長いアドレスのページを紹介するとき、短くできるサービスではどれが便利でしょうか?

回答Google が提供する「Google URL Shortener」はいかがでしょう?

◎追記(2021/10/1)

残念ながら「Google URL Shortener」は 2019年3月末にサービス提供を終了しました。

長いアドレス(URL)を短くできる「短縮URLサービス」はいくつかありますが、中でも「Bitly」は有名で、以前も使い方を紹介しました。

ただし「短縮URL」サービスとしては有名ですが、誰もが知っているまでではないので、知らない人からすると、たとえば

という感じで使うと「bit.ly」って何?となる可能性があります。

 

そんなことを考えると「グーグル」が提供している「短縮URLサービス」の「Google URL Shortener」を使ったほうがいいかもしれません。

このサービスで先ほど紹介したのと同じ長いアドレスを短縮すると

となります。

もちろん、これでも「goo.gl」って何?となるかもしれませんが、勘のいい人なら「グーグルのサービスだろう」と想像してくれるはずです。

 

そんな「Google URL Shortener」の使い方は簡単です。

  1. サービスページ( https://goo.gl/ )を開きます。
     
  2. 「Simplify your links」と書かれている下の「入力ボックス」に短縮したい URL を入力(貼り付け)します。

    ※ 短縮したいページを開いたブラウザーでアドレスバーに表示 された URL をコピーして「入力ボックス」に貼り付けます。
     
  3. 「SHORTEN URL」ボタンをクリックして短縮を実施。

    ※ Google アカウントでログインしていない場合はログインを したほうが便利ですが、ログインしなくても「私はロボットではありません」にチェックを入れると短縮できます。
     
  4. 「Your short URL」画面が開き、短縮 URL が表示されます。

     
  5. 表示された短縮 URL の右にある「コピー」アイコンをクリックすると短縮 URL をコピーできます。

このコピーした短縮 URL をメールや SNS に貼り付けて使うわけです。

 
◆◇◆

先ほどの「Your short URL」画面の中に「See analytics data」というリンクがあります。

 

クリックすると、短くする前の長いオリジナルの URL の表示を含め、「短縮URL」を解析したデータが表示されます。

 

これは「Google URL Shortener」による短縮 URL の末尾に「.info」か「+」を付加したアドレスでも開くことができます。

 

この情報で、その「短縮 URL」が何回クリックされたかも分かります。

たとえば短縮URLで紹介したページが、どれくらいの人に観てもらえたかの確認したいときなどにも活用できます。

 

理解を深めるための「パソコン用語解説

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコントラブルQ&A」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

同じカテゴリー「インターネット活用」の記事

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

年別Q&A (1050 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコントラブルQ&A」ではトラブル解決のヒントなども紹介していますが、解決をお約束するものではありません。 トラブルの深刻度やご利用のパソコン環境によっては効果がなかったり、ほかのトラブルを誘発する場合もあります。そのため、作業前に大切なデータは、ご自身で必ずバックアップをおこなってください。

本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。