「ファイル名を指定して実行」とは

ファイル名を指定して実行」とは、「ファイル名」「プログラム名」を入力することでプログラム(アプリ)を実行したり、特定ファイルやフォルダーを開いたりできる Windows の操作ツールです。

プログラムやファイルの場所を探さなくても、開いた(ダイアログ)画面に文字(名前)を入力するだけで実行たり、開いたりできます。

 

Windows 8.1 や 10 では、画面左下を右クリックで現れる「クイックリンク」メニューから「ファイル名を指定して実行」を呼び出せます。

 

それでも「Windows」キーを使ったショートカットキー

Windows + R

のほうが簡単なので覚えていると便利です。

 

「ファイル名を指定して実行」は英語版 Windows では「Run」であり、アプリやコマンドを実行する(走らせる)といった意味のため、その頭文字「R」がショートカットキーにも使われています。

 

「ファイル名を指定して実行」画面で以下のような文字列を入力して「OK」ボタンをクリックすることでアプリやツールを実行できます。

  • calc > 電卓(calculator)
  • notepad > メモ帳
  • write > ワードパッド
     
  • excel > エクセル
  • winword  > ワード
  • powerpnt > パワーポイント
  • iexplore > インターネットエクスプローラ(IE)
     
  • msconfig > システム構成
  • taskmgr > タスクマネージャー(task manager)
  • cmd > コマンドプロンプト(command prompt)

これらは Windows の「検索」機能で、しかも日本語の入力でも見つけられるので、必要なければ無理して覚える必要はありません。

 

さらに「shell:」を頭に付けることで、見つけにくい特定フォルダーを開くこともできます。役立ちそうなのは以下の2つです。

  • shell:SendTo > ユーザーの「送る」フォルダー
  • shell:Startup > ユーザーの「スタートアップ」フォルダー

Windows 検索で探すよりは、一発で開くことができて便利です。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

関連情報を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

過去の用語解説 (373 件)

林 編集長のプロフィール

写真1写真2

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

 詳細 順位

ブログパーツ

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...