「Scroll Lock(スクロールロック)」キーとは

Scroll Lock(スクロールロック)」キーとは、「矢印」キーを使ってもカーソルの位置や選択されたセルは移動せず、画面の表示範囲だけをスクロールできる設定(Scroll Lock)を切り替えるためのキーです。

「Scroll Lock」キーは、ファンクションキーが並ぶ列の右側にあることが多いのですがメーカーや製品によって場所や形状が違います。

 

また「Scroll Lock」設定をオンにしても、エクセル(Excel)など限られたプログラム(アプリ)でしか効果はなく、そのエクセルでも「Scroll Lock」はあまり使われていないため、逆にトラブルの原因にもなっています。

 

そのためキーボードのサイズに制約のある小型のノートパソコンでは「Scroll Lock」キー自体がない機種や「Scr Lock」「Scr Lk」と短く表記されたり、他のキーと組み合わせて初めて使える場合もあります。

上の例では「Num Lk」と「Scr Lk」がひとつのキーに割り振られていて、青字の「Scr Lk」は「Fn」キーを同時に押したときに利用できます。

 

ちなみにエクセルの操作では「矢印」キーを押すと、通常は選択中のセルから矢印方向にセルの選択が移動し、画面の端まで選択が移動すると、その先が表示されるように画面がスクロールします。

ここで「Scroll Lock」をオンにすると「矢印」キーを押してもセルの選択は移動せず、すぐに矢印方向へ画面スクロールするため、セルの選択はそのまま画面の表示範囲だけ変えたいときに使えます。

 

たとえば最初、セル「D3」が選択されている場合、

 

「Scroll Lock」オフで「右矢印(→)」キーを 2回押すと選択はセル「F3」に移動します。

 

「Scroll Lock」オンで「右矢印(→)」キーを 2回押すと選択は「D3」のまま、画面の表示範囲がセル2つ分スクロールします。

このとき「ステータスバー」の「ScrollLock」表示設定がオンになっていれば、「ScrollLock」と表示されます。

 

現在では「ホイール付きマウス」などで簡単に画面をスクロールできるため、エクセルでも「Scroll Lock」機能はあまり使われません。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (446 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。