エクセル(Excel)の「文字列操作」関数とは

文字列操作」関数とは、文字通りエクセルで「文字列」を操作する一連の関数です。

エクセルの「関数の挿入」ボタンをクリック、

 

表示される「関数の挿入」画面で「関数の分類」メニューから「文字列操作」を選択できます。

 

その結果、「文字列操作」関数が「関数名」にリスト表示されます。

選択された関数の書式と定義が下に表示されます。

 

たとえば文字列から何文字か取り出したいとき、文字列の左(left)から、右(right)から、中間(mid)からの位置と文字数で指定する関数として「LEFT関数」「RIGHT関数」「MID関数」があります。

 

「LEFT関数」と「RIGHT関数」は文字列の先頭と末尾からの文字数で指定できるシンプルな関数です。

LEFT(文字列,文字数)

RIGHT(文字列,文字数)

 

「MID関数」はさらに開始位置も指定する必要があります。

MID(文字列,開始位置,文字数)

 

「MID関数」の定義は

文字列の指定された位置から、指定された数の文字を返します。半角と全角の区別なく、1文字を1として処理します

となっています。

 

例として、セル「A1」に「なにしろパソコン編集長」という文字列があれば

=LEFT(A1,4) で 「なにしろ」

=RIGHT(A1,3) で 「編集長」

=MID(A1,5,4) で 「パソコン」

と文字列を取り出すことができます。

 

 

ほかにも

  • 複数の文字列を結合できる「CONCATENATE関数」
    CONCATENATE(文字列1,文字列2,...)
     
  • 指定した文字列が最初に現れる位置を検索する「FIND関数」
    FIND(検索文字列,対象,開始位置)
     
  • 指定した位置の文字列を置き換える「REPLACE関数」
    REPLACE(文字列,開始位置,文字数,置換文字列)
     
  • 文字列の長さ(length)=文字数を返す「LEN関数」
    LEN(文字列)

などが用意されています。

 

さらに複数の関数を組み合わせることで、様々な「文字列操作」をすることができます。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

関連情報を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

過去の用語解説 (373 件)

林 編集長のプロフィール

写真1写真2

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

 詳細 順位

ブログパーツ

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...