「オープンソース」「GitHub(ギットハブ)」とは

オープンソース」とは、ソフトウエアの元となるプログラムを記述したソースコードを公開して、利用や改良、再配布を許可したもので、その公開や開発を支援するためのサイトのひとつが「GitHub」です。

「ソース( source)」には「(情報の)発信元」という意味があり、ソフトウエアの元となるプログラム言語で書かれたコードが「ソースコード」です。

wd210203-02.png

※ 味付けに使う「ソース(sauce)」とは違います。

 

この「ソースコード」を解析できれば、それによって完成したソフトウエア/アプリがどんな手順で、何をしようとしているのかが分かります。

そのため「ソースコード」を「公開」して共同でソフトウエアを検証や開発したり、一般に広めたりできるのが「オープンソース」なのです。

 

そんな「オープンソース」の「公開」はもちろん「修正」「変更」その「履歴」などの情報を共有管理できるサービスサイトのひとつが「GitHub」です。

「GitHub」には公開した「ソースコード」を複数の開発者が協力して改良を加え、ソフトウエアを仕上げていくプロジェクトがいくつもあり、膨大な量の「ソースコード」が公開されてプログラム開発に活用されています。

 

「オープンソース」は基本的に無償で利用できますが「フリーソフト」との違いは「素材+レシピ」と「完成品」といった感じです。「フリーソフト」の多くはソースコードを公開しておらず、改良や再配布もできません。

ただし、ソースコードを公開している「フリーソフト」もあり、画面キャプチャー専用ソフト「Greenshot」も「GitHub」でソースコードを公開しており、追加機能のプラグインなども一緒に公開しています。

 

Microsoft Edge のブラウザーとしての基本部分も「Chromium」という「オープンソース」が利用されています。

wd210203-04.png

公開されている「Chromium」は Google Chrome をはじめ、多くのブラウザーが利用しています。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (572 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。