「Windows のライセンス認証」「プロダクトキー」とは

Windows のライセンス認証」とは、パソコンで使っている Windows が正規のルートで使用権を取得したものだと証明することです。認証するには「デジタルライセンス」か「プロダクトキー」が必要です。

正規に Windows を使うにはパソコンごとに「ライセンス」が必要で、Windows を複数台にインストールしても、ひとつのライセンスで認証できるのは1台だけで、それにより不正コピーを防いでいるのです。

「Windows のライセンス認証」を確認するには Windows 10 であれば「設定」の「更新とセキュリティ」項目で「ライセンス認証」を選択すれば情報が表示されます。

 

きちんと認証できていれば

『Windows は、Microsoftアカウントにリンクされたデジタルライセンスによってライセンス認証されています』

と表記されているはずです。

 

最初から Windows が搭載された市販のメーカー製パソコンは製造中に「Windows のライセンス認証」が済んでいるため、購入した利用者は特に「ライセンス認証」について気にする必要はありません。

逆にメーカー製パソコンの場合、その購入したパソコンのみで使える Windows のライセンスのため、もしパソコンが故障や廃棄となっても、別のパソコンに Windows のライセンスを転用することはできません。

 

一方、自作パソコンなどに個人で購入した Windows をインストールする場合、購入時に取得した「プロダクトキー」を入力すればどんなパソコンでも「Windows のライセンス認証」を行なうことができます。

 

いったん「プロダクトキー」で「Windows のライセンス認証」が完了すれば「デジタルライセンス」が Microsoftアカウントにリンクされて記録されます。

そのためパソコンが故障や廃棄となりって別のパソコンに乗り換える場合でも1台であれば再度「プロダクトキー」で「Windows のライセンス認証」は可能です。

 

乗り換えなくてもパソコンのマザーボードを交換するような場合も「ライセンス認証」が必要な場合があります。

20200914-154759.png

もちろん「プロダクトキー」の情報を失くすと再度の「ライセンス認証」はできなくなるので、しっかり記録と保管をしておかないといけません。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (553 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。