Windows の「DSP版」とは

Windows の「DSP版」とは、通常、パソコン部品とセット販売されて、その部品を組み込んだパソコンで使用することを前提に通常版よりも安価な値段で購入できることの多い販売形態のことです。

「DSP」は「Delivery Service Partner」の頭文字で「販売代理店」といった意味で、マイクロソフト社から正規の「販売代理店」と認定されたショップだけが許可されている販売形態というわけです。

そのため自作パソコンで Windows の正規ライセンスを購入するのに適しており、セットになった部品もメモリーや SSD、USB増設カードなど実用的なものを用意している販売店があります。

 

「DSP版」で購入して入手した DVD は古いバージョンの可能性が高く、Windows 10 なら以下の公式サイトより最新のバージョンを USB にダウンロードして、それを起動してインストールしたほうが賢明です。

それとセット販売された部品を組み込まなくても「プロダクトキー」は「Windows のライセンス認証」に使用可能です。正規の販売店から購入して1台に1ライセンスで利用すれば問題なく使えます。

 

もしマザーボードを交換した場合などで「Windows ライセンス認証」がうまくいかない場合があっても、マイクロソフト社のサポート電話で理由を話して「プロダクトキー」を伝えれば対応してもらえます。

それだけに「プロダクトキー」は大切に記録、管理しておく必要があります。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (554 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。