「タスクバー」とは

タスクバー」とは、通常 Windows OS の画面上で下端に表示される横長の帯状のバーのことで、その上に Windows を操作するボタンや起動中のアプリ(プログラム)のボタンなどが表示されています。

 

Windows 10 では起動中のアプリのボタンに下線が表示されていたり、ボタンをクリックすると、そのアプリのウインドウが開いたり、選択されたり、各種作業(タスク)の確認や操作ができるバーなのです。

 

ほかにも「タスクバー」の右端には「日付と時刻」が表示されており、その左には「通知領域(タスクトレイ)」が起動している各種アプリやドライバーのアイコン(インジケーター)を表示しています。

それとは別に「デスクトップ」「リンク」といった「ツールバー」を「タスクバー」上に追加表示することもできます。

 

さらに Windows 10 では右端に「通知アイコン」が追加され、「通知」や「クイックアクション」を表示、操作できる「アクションセンター」を画面右端から表示させたりできます。

非表示にもできますが Windows 10 では「タスクビュー」「Cortana」「Windows Ink ワークスペース」「People」など「タスクバー」上に様々なボタンを表示することができます。

必要に応じて表示/非表示を決めればいいでしょう。

 

基本的な「タスクバー」の設定は、「タスクバー」でなにもない場所を右クリックで表示されるメニューから「タスクバーの設定」を選択して開く画面を使います。

その画面で「タスクバー」の表示位置やボタンのサイズ、ラベル表示などを変更することができます。

タスクバーを上端や左端に移動したほうが使いやすいという利用者もカスタマイズが可能です。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (455 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。