デジタルカメラやスマホ内蔵カメラの「HDR」とは

デジタルカメラで「HDR」とは、撮影画面に明るい部分と暗い部分の差が大きくても、ある程度のバランスでどちらの部分も明るすぎず、暗すぎない写真となるように自動で画像を調整してくれる機能です。 

具体的には明るい部分に合わせて露光した画像と、暗い部分に合わせた画像、さらに二つの中間に合わせた画像を合成して、明るさのバランスが取れた一枚の写真ができる仕組みです。

 

たとえば部屋の中から外を写すとき

  1. 空に明るさを合わせると影の部分が黒くなる

     
  2. 影の部分に明るさを合わせると空が白くなる

     
  3. 合成した「HDR」で明るさのバランスがとれる

 

「HDR」は「High Dynamic Range」の頭文字をとった略で、読み方は「エイチ ディー アール」または「ハイ ダイナミック レンジ」です。

ここで「Dynamic Range」は「最も明るい部分と暗い部分の範囲」のことで、頭に「High」が付いて「大きく明暗に差がある被写体でも撮影できる機能」といった意味で捉えておけばいいでしょう。

 

「HDR」はデジタルカメラやスマートフォン内蔵のカメラに採用され、iPhone などでは明暗の大きな被写体を撮影するときには「自動」で適用される「初期設定」になっています。

そのため、知らずに使っていることもある機能です。

 

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (446 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。