「閲覧表示/閲覧モード/ビュー表示」とは

Word のような編集機能を持つソフトウエアでは、編集を制限して、見るだけ、読むだけの状態で表示できる機能が用意されていることがあり、「閲覧表示」「閲覧モード」「ビュー表示」と呼ばれています。

Word 2007、Word 2010 では「表示」リボンに「全画面閲覧」があります。全画面の閲覧表示ということです。

 

「閲覧表示」の状態で見たり、読んだりすれば、間違って種類に変更を加えてしまうこともなく、編集時だけ表示される改行記号や操作を助ける補助線なども非表示になって見やすい、という利点もあります。

 

「印刷レイアウト」「印刷プレビュー」でも同様に見たり、読んだりできますが、あくまでもどのように印刷できるかを表示するもので、表示の拡大やページの切り替えなどは「閲覧表示」のほうが便利です。

ただし、「閲覧表示」では見やすく、読みやすくするためにレイアウトを変えて表示することもあるので、どう印刷されるか事前に知りたいときは「印刷レイアウト」で確認しておく必要があります。

 

一方で「閲覧表示」だけに特化したソフトウエアもあり、それらは別途、「ビューワー(viewer)」「ブラウザー(browser)」という名前で提供されていることが多いです。

◆ 「ブラウザー(browser)」とは情報閲覧用ソフト

 

先週紹介した Acrobat Reader は PDF のビューワーです。

◆ Adobe - 無償の PDF ビューア、Adobe Reader のダウンロード

 

Word にも閲覧するだけのビューワーが無償で提供されています。

◆ Word Viewer をダウンロード
 ※ マイクロソフト公式ダウンロード センター

ソフトウエアの「閲覧表示」と専用のビューワーは「なにをするか」「どういう環境か」によって使い分けることになります。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (446 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。