Windows 8 でなくなった Windowsフリップ(3D)とは

デスクトップを含め、いま開いているウインドウをすべてサムネイル(縮小)表示にして重ねるように並べ、順番にめくるように動かしてウインドウを選び、切り替える機能が「Windows フリップ」です。

www.724685.com/weekly/qa130213.htm
Windows 7 による Windowsフリップ

 

Windows Vista、Windows 7 の場合、Windowsフリップはマウス操作とキー操作で表示され、利用できます。

 

◎マウス操作

  • 「クイック起動バー」の「ウインドウを切り替える」アイコンをクリックしてWindowsフリップを起動
  • マウスのホイールを回してサムネイル表示をめくるように動かす
  • 希望のウインドウをクリックして決定

 

◎キー操作

  • [Windowsロゴ]を押しながら「Tab」キーを押してWindowsフリップを起動
  • 「Tab」キーを押すたびにサムネイル表示がめくるように動く
  • 希望のウインドウが先頭に来たら[Windowsロゴ]キーを離して決定

 

Windows Vista では、新しい Windows の象徴のような扱いでしたが、Windows 7 では「クイック起動バー」が標準表示でなくなり、 Windowsフリップも表舞台から消えた感じになりました。

◆ Windows 7 に「クイック起動」バーを追加する方法

そして、いよいよ Windows 8 では同じ切り替え機能でも「立体的な表示」をやめてしまいました。

 

Windows 8 で「ウインドウを切り替える」アイコンをクリックすると、画面中央で平面的に、現在、開いているウインドウが並びます。

 

Windows 8 で [Windowsロゴ]+「Tab」キー操作をすると、現在、開いているアプリが表示されます。

この方法で表示されるのは「タッチ用アプリ」だけです。

Windows 8 で起動中のアプリを切り替える方法

 

もともと「フリップ(flip)」には「(指先などで)はじく, はじき飛ばす」といった意味があり、「Windows フリップ」は本来なら Windows 8 のように

タッチパネルで操作するときに価値のある機能

と考えるのが普通です。

 

ところが「Windows フリップ(3D)」をマウスやキーボードでの操作が中心のときに登場させ、やっとタッチパネルを前提とした Windows 8 になってやめたのは少し残念です。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (498 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。