「メガネ型コネクター」とはPC電源ケーブルの汎用品

ノートパソコンの電源ケーブルの多くで、電源アダプター側のコネクター形状は穴が2つで、眼鏡のようにも見えるため「メガネ型コネクター」とも呼ばれています。

ノートパソコンに使われる電源アダプターは、そのメーカーや機種によって出力される電圧も本体への差し込み形状も違うため、対応する製品はどれか、よく調べてから買わないといけません。

一方、電源アダプターとコンセントをつなぐ電源ケーブルは取り外しできるものがほとんどで、しかも電源アダプター側は「2Pメガネ型」のプラグに対応しているため、安価で代替品を入手できます。

 

そんな電源ケーブルで、電源アダプター側のコネクター形状は、穴が2つで眼鏡のようにも見えるため「メガネ型」とも呼ばれています。

この形状のケーブルは電源プラグ側のコネクター部に「125V、7A」と書かれており、「交流電圧 125V、電流 7A まで大丈夫」という定格を持っている一般的に使われるケーブルということになります。

この特徴ある形状は、それにマッチした電子機器やアダプターにしか差せないようにしている一方、穴は小さく、わりと奥のほうに電極があるので簡単には感電しないようにできています。

 

最近では、このケーブルが持ち運ぶときにかさばるので、直結した商品も売り出されています。

メーカーも、色々と考えるものです。

 

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (446 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。