「USB3.0」の速度は「USB2.0」の何倍?

USB 規格にはバージョンがあり、現在の主流は「USB2.0」で広く利用されていますが、より大容量のデータを扱う時代となり、より高速な「USB3.0」の普及が期待されています。

「USB(ユー・エス・ビー)」とは「Universal Serial Bus」の略でパソコン本体にキーボードやマウス、外付けハードディスクをはじめ、さまざまな周辺機器の接続に利用できる接続規格の名称です。

特長としては、パソコンの電源を切らずにケーブルを抜き差しできることや、USB 経由で電源供給も可能な点などです。

◆ USB(ユー・エス・ビー)でPCと周辺機器をつなぐ

 

いまや携帯機器の充電からヒーターや扇風機といった「USB 便利グッズ」まで登場しています。

そんな便利な USB ですが規格にはバージョンがあり、現在の主流は「USB2.0」で広く利用されています。それでも、より大容量のデータを扱う時代となり、より高速な「USB3.0」の普及が期待されています。

規格的にいえば、USB3.0 の最大転送速度は 5.0Gbps で、USB2.0 の480Mbps に較べて約10倍速くなります。ただし 5.0Gbps は理論値で、対応機器にもよりますが、実際は 3倍程度だともいわれています。

それでも、現在、USB2.0 を使った外付けハードディスクへのデータバックアップなどの時間が 1/3 以下になるのは助かります。さらに給電能力も 500mA から 900mA と増え、利用範囲が広がります。

さらに USB3.0 は USB2.0 と互換性があり、USB3.0 対応のパソコンに USB2.0 対応機器をつなぐこと、またその逆も可能です。ただしその場合の速度は USB2.0 の規格に合わせることになります。

 

いいことづくめのような USB3.0 ですが、当面、USB2.0 よりケーブルなどは割高になります。それでも USB3.0 対応のパソコンが登場しており、対応機器も増えてくるので、来年には一気に普及すると予想しています。

最後に周辺機器メーカー最大手のバッファローが公開中の USB3.0 の特集ページを紹介しておきましょう。

これからは新規格 超高速USB3.0 | BUFFALO バッファロー

このイラストや図表を見るだけで「USB3.0 はすごい!」と納得してしまうのは私だけではないでしょう。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (498 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。