Windows 10 で「回復ドライブ」を作成する手順

質問Windows 10 で「回復ドライブ」を作成する手順を教えてください。

回答USBメモリーを用意して「回復メディア作成ツール」で作成します。

大手メーカーの Windows 10 搭載パソコンなら、「回復ドライブ」とは別に工場出荷状態に戻せる「リカバリーメディア(再セットアップメディア)」の作成や購入などができる場合も多いです。

ただしメーカーや製品によって違うので、マニュアルや公式サイトで確認してください。

 

それとは別に Windows 10 の標準機能でシステムの修復や復元ができる「回復ドライブ」を作成できるので紹介しておきましょう。

まずは事前に「回復ドライブ」作成に必要な USBメモリーを用意します。容量は 16GB で間に合うことが多いですが、同じ Windows 10 マシンでも使用容量に差があるので 32GB のほうが安心です。

 

USBメモリーが準備できたら、パソコンの USBポートに挿してから、以下の手順で「回復ドライブ」を作成していきます。

  1. Windows スタートボタンをクリックして「回復ドライブ」と入力、検索結果から「回復ドライブの作成」を選択します。

     
    「コントロールパネル」>「回復」>「回復ドライブの作成」でも可能。

     
  2. 「回復メディア作成ツール」が起動して「ユーザーアカウント制御」画面が現れるので「はい」で次に進みます。

     
  3. 「回復ドライブの作成」画面が現れたら「システムファイルを回復ドライブにバックアップします」のチェックを確認。

    チェックが入っていたら「次へ」をクリック。
     
  4. 「お待ちください」画面のあと「USBフラッシュドライブの選択」画面で用意した USBメモリーを選択して「次へ」をクリック。

     
  5. 「回復ドライブの作成」画面で USBメモリーにデータがあれば削除される注意書きを読み、大丈夫なら「作成」をクリック。

     
  6. 「回復ドライブの作成中」画面で進捗を示す緑色のバーが最後まで伸びるのを待つ。1時間以上かかることもあります。

     
  7. 画面に「回復ドライブの準備ができました」と表示されて完成。

    「完了」をクリックして終了。
     
  8. 「デバイスとドライブ」に「回復」という名の「回復ドライブ」があって容量と中身を確認。

    問題なさそうなら USBメモリーを外して終了。

 

いざ必要なときに見つからない、ほかの USBメモリーと見分けられない、では困るので、どのパソコン用でいつ作成した「回復ドライブ」か分かるように明記したシールでも貼っておくといいでしょう。

そして、忘れない、なくさない場所に保管します。


◆◇◆

作成した「回復ドライブ」を使ってパソコンを起動する方法はメーカーや機種によっても違う場合があるので、自分の機種ではどういう手順になるのか、マニュアルやネット検索で確認しておくといいでしょう。

ちなみに手持ちの Dell Inspiron 7373 ではパソコンの起動時に「F2」キーを連打して「ブートモード(起動モード)」の設定を「Windows Boot Manager」から USBメモリーに切り替えることができました。

 

それと今回、私は以下の 32GB の USBメモリーを購入しました。

16GB と 100円程度しか違わないので 32GB を選びました。

もちろん別の製品で構いませんが「いざというとき」のものなので、定評のあるブランドでリーズナブルな製品を選ぶとよいでしょう。

 

理解を深めるための「パソコン用語解説

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコントラブルQ&A」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

年別Q&A (901 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコントラブルQ&A」ではトラブル解決のヒントなども紹介していますが、解決をお約束するものではありません。 トラブルの深刻度やご利用のパソコン環境によっては効果がなかったり、ほかのトラブルを誘発する場合もあります。そのため、作業前に大切なデータは、ご自身で必ずバックアップをおこなってください。

本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。