Office 2010 で「リボン」に「ファイル」タブが追加

質問Office 2007 で登場した「リボン」は 2010 でどうなりましたか?

回答ほとんど変わっていません。ただし「Officeボタン」がなくなり、代わりに「ファイル」タブが追加されました。

Microsoft Office 2007 ではインターフェース(操作表示)が一新され、特に左上隅に登場した大きな「Officeボタン」には違和感がありました。

今週の用語解説 Office 2007 の「Officeボタン」(2008/2/7)

すると、今回の Office 2010 では「Officeボタン」をやめ、「リボン」に「ファイル」タブを追加するように変更されていました。ある意味、昔の「ファイル」メニューに先祖返りしたことになります。

  

あのボタンはなんだったのか、ということにもなりますが、私は評判が悪いなら修正する姿勢を評価します。マイクロソフト社は Windows OS の提供元であり、統一感のあるインターフェースを作る義務があります。

ということで、今回の Office 2010 の「リボン」で一番変わったのは「ファイル」タブが追加されたこと、といっていいでしょう。

 
さらに利用者が「タブ」を追加して、良く使う「コマンド」を集めたり、ほとんど使わないコマンドを非表示にするといった「カスタマイズ」ができるようになっています。もちろん使わなくても構いません。

「カスタマイズ」手順は「ファイル」タブで「オプション」を選択、開いた画面左にあるリストから「リボンのユーザー設定」を選択します。

  

「リボンのユーザー設定」画面で「タブ」「コマンド」を追加&削除、表示&非表示を設定します。

 

右下にある「ユーザー設定」項目で「リセット」できるので、おかしくなっても元の状態に戻せます。ほとんど使わない「コマンド」は非表示にするなど、メリットがあると感じれば試してみるといいでしょう。

 
ワード、エクセル、パワーポイントで 2007 と 2010 との「リボン」の違いをひと通り確認しましたが、基本的な「タブ」「グループ」そして「コマンド」の種類と並びについては、ほとんど継承されています。

※ もちろん Office 2010 の新機能による「タブ」や「コマンド」の
  追加はありますが、ほとんど違和感はありません。


◆◇◆

マイクロソフト社によると「リボン」にしたことで、いままであっても使われていなかった「コマンド」が大幅に使われるようになったそうで、であれば「リボン」には大きな変更がなくて当然なわけです。

Microsoft Office のリボンについて - Word - Microsoft Office

どうやら Office 2007 の操作に慣れた人が Office 2010 にバージョンアップしても、とまどうことは少なそうなので「ひと安心」です。

 

 

理解を深めるための「パソコン用語解説

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコントラブルQ&A」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

同じカテゴリー「Office(オフィス)ソフト」の記事

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

年別Q&A (1033 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコントラブルQ&A」ではトラブル解決のヒントなども紹介していますが、解決をお約束するものではありません。 トラブルの深刻度やご利用のパソコン環境によっては効果がなかったり、ほかのトラブルを誘発する場合もあります。そのため、作業前に大切なデータは、ご自身で必ずバックアップをおこなってください。

本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。