Windows 8.1 の「スタート」ボタンは単なる切り替えボタン

自宅の Windows 8 マシンを Windows 8.1 にアップグレードしました。デスクトップ画面の下にあるタスクバーの左端に「スタート」ボタンもどきが復活しましたが、単なるスタート画面との「切り替えボタン」です。

【編集長のもうひとこと】

自宅の Windows 8 搭載パソコンでは、Windowsストア を開くといきなり Windows 8.1 Pro アップグレードの大きなタイルが表示されていました。

 

表示されないときはこちらから。

◆ Microsoft Windows
http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows/home

 

早速、開始すると、ここに 3.63 GB と書かれていましたね。

 

自作パソコン(Core i5 2400S、8GB)+auひかりマンションタイプの有線LAN で Windows 8.1 をアップグレードしました。

 

約15分でダウンロード終了、計35分で完了しました。やはり環境に大きく依存しますね ^^;

◆ Windows 8.1 のダウンロードには高速ネット環境が必要

 

「スタート」ボタンもどきは、クリックしてもスタート画面に切り替わるだけで、できれば「スタート」メニューも復活して欲しかったです。

 

とはいえ、「スタート」ボタンを右クリックして表示される「クイックリンク」メニューに「シャットダウンまたはサインアウト」項目が追加されたのは便利です。

 

ほかにも変更点はいつくかありますが、まずはお約束の「スタート」ボタン復活のお話でした。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

今日のひとこと」をお読みいただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

今日のひとこと」以外にも「パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」で各種Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

amazon 楽天

なにしろパソコン.com

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!