Windows 8.1 で起動時にデスクトップ画面が最初に開く設定

Windows 8.1 にアップグレードしました。「タスクバーとナビゲーションのプロパティ」で起動時にデスクトップ画面が開く設定ができることを確認しました。

【編集長のもうひとこと】

Windows 8.1 で追加された機能として注目なのが

起動時にスタート画面ではなく、デスクトップ画面が最初に開く設定

ということで、設定方法と、きちんと機能するか確認しました。

 

  1. デスクトップ画面でタスクバーを右クリックして「プロパティ」を選択

 

  1. 開いた「タスクバーとナビゲーションのプロパティ」で「ナビゲーション」タブを選択

 
 

  1. 「スタート画面」項目から「サインイン時または画面上のすべてのアプリを終了したときに、スタート画面ではなくデスクトップに移動する」を選択

 
 

  1. 「OK」をクリックしてから再起動

   

 

再起動したところ、無事に「デスクトップ画面」が最初に開きました。

やはり、この設定は Windows 8 に最初から付けるべきでした。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

今日のひとこと」をお読みいただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

今日のひとこと」以外にも「パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」で各種Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

amazon 楽天

なにしろパソコン.com

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!