タッチ操作の長押しによる右クリックまでの時間を変更

質問タッチディスプレイで画面を長押しすると右クリックと同じ操作ができるのは知っていますが反応するまでの時間が遅くて困ります。

回答「コントロールパネル」の「ペンとタッチ」で「長押しの設定」が可能なので、ある程度は反応時間を短く設定できます。

タッチディスプレイで画面を「長押し」すると「右クリック」と同様の操作ができることは広く知られており、すでに紹介もしています。

ところが「長押し」により「右クリック」ができる「右クリックモード」になるまでの時間や、そこから実際に「右クリック」が実行されるまでにかかる時間の長さを設定できることは意外と知られていないようです。

その設定は以下の通りで簡単です。

  1. 「コントロールパネル」で「ハードウエアとサウンド」を選択

     
  2. 「ペンとタッチ」項目の中から「タッチ入力設定の変更」を選択

     
  3. 「ペンとタッチ」画面の「タッチ」タブ画面で「長押し」を選択して「設定...」ボタンをクリック

     
  4. 「長押しの設定」画面で「スピード」「継続時間」の設定をより「短い」側にスライドしてから「OK」ボタンをクリック

これで「右クリック」が実行される「長押し」の時間を調整できます。

 

ただし、パソコンがペン入力やタッチ操作に対応のディスプレイなどを備えていなければ「コントロールパネル」の「ハードウエアとサウンド」に「ペンとタッチ」項目は表示されません。

 
◆◇◆

最新の Windows 10 で「コントロールパネル」を開く方法は以下の通り。

あるいは開かないでも「Windows」キーを押してすぐ「タッチ入力」と入力して検索すると「タッチ入力設定の変更」が候補に現れます。

 

選択すると一気に「ペンとタッチ」画面が開くので、あとの手順は一緒です。

それにしても、タッチ操作の設定くらいは「設定」の中ですべてできるようにしてもらいたいです。

 

理解を深めるための「パソコン用語解説

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコントラブルQ&A」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

関連情報を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

年別Q&A (830 件)

林 編集長のプロフィール

写真1写真2

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

 詳細

ブログパーツ

「パソコントラブルQ&A」ではトラブル解決のヒントなども紹介していますが、解決をお約束するものではありません。 トラブルの深刻度やご利用のパソコン環境によっては効果がなかったり、ほかのトラブルを誘発する場合もあります。そのため、作業前に大切なデータは、ご自身で必ずバックアップをおこなってください。

本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...