特定ウェブサイトのショートカット作成、ピン留め方法

質問特定サイトや Webページを開くショートカットを作成して「スタート」画面や「タスクバー」にピン留めできますか?

回答「アプリケーション」としてショートカットを作成すればピン留めも可能です。

Google Chrome で特定のサイトを開くショートカットは2種類あります。

  1. インターネットショートカット(.url)
    qa221005-01.png
     
  2. アプリケーションのショートカット(.lnk)
    qa221005-02.png

それぞれの作成手順が違うので紹介します。

◎1.インターネットショートカット(.url)

  1. Chromeでショートカットを作成したい特定サイトを開く
  2. Chromeでアドレスバーの入力ボックス左端のアイコンをドラッグして、デスクトップ上にドロップ
    qa221005-03.png
  3. デスクトップ上にショートカットが作成されて完成
    qa221005-04.png

◎2.アプリケーションのショートカット(.lnk)

  1. Chromeでショートカットを作成したい特定サイトを開く
  2. Chromeアドレスバー右端の「設定」アイコンをクリック
  3. 現れた「設定」メニューで「その他のツール」の中から「ショートカットを作成」を選択
    qa221005-05.png
     
  4. 「ショートカットを作成しますか?」画面で名前を確認し、必要なら名前を編集後に「作成」ボタンをクリック。
    qa221005-06.png
    ※「ウィンドウとして開く」設定もチェックすれば可能
  5. デスクトップ上にショートカットが作成されて完成
    qa221005-07.png

作成したショートカット(アイコン)をダブルクリック、あるいは選択してからエンターキーを押す、などで特定サイトを開くことができます。

不要になったら選択して「Delete」キーを押す、あるいは「ごみ箱」にドラッグ&ドロップすればショートカット(アイコン)は削除できます。

ただし「アプリケーションのショートカット」を削除しても、元となる「特定サイトを開くアプリケーション」は削除されないので、不要なら「アンインストール」しておきます。

たとえば Windows 11 なら「設定」で以下の画面を開きます。

「設定」-「アプリ」-「インストールしているアプリ」

qa221005-08.png

表示されたアプリ一覧の中から「特定サイトを開くアプリケーション」を探し、見つけたら右端の「設定」ボタンをクリック、現れたメニューから「アンインストール」を選択

qa221005-09.png

これでアプリのアンインストールが実行され、ショートカットアイコンも削除できます。


◆◇◆

「ピン留め」するには、まず「アプリケーションのショートカット」を右クリックして現れるメニューで「スタートメニューにピン留めする」を選択すれば「スタート」画面の「ピン留め済み」に追加できます。

qa221005-10.png

「スタート」画面の「ピン留め済み」に追加したアイコンを右クリックして現れるメニューから「タスクバーにピン留めする」を選択することで「タスクバー」にもピン留めできます。

qa221005-11.png

あるいはデスクトップにある「アプリケーションのショートカット」を「タスクバー」上にドラッグ&ドロップする方法でもピン留めできます。

qa221005-12.png

一方の「インターネットショートカット(.url)」は「スタート」画面にも「タスクバー」にもピン留めできないので、使い分けましょう。

 

理解を深めるための「パソコン用語解説

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコントラブルQ&A」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

同じカテゴリー「ウインドウズ操作」の記事

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

年別Q&A (1061 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコントラブルQ&A」ではトラブル解決のヒントなども紹介していますが、解決をお約束するものではありません。 トラブルの深刻度やご利用のパソコン環境によっては効果がなかったり、ほかのトラブルを誘発する場合もあります。そのため、作業前に大切なデータは、ご自身で必ずバックアップをおこなってください。

本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。