「バックグラウンド(で開く)」「フォアグラウンド」とは

パソコンで「バックグラウンド」とは、たとえば表示中の画面からは状況が見えないまま実行されている「(背面に)隠れた状態」のことで、逆に「最前面で見える(選択された)状態」が「フォアグラウンド」です。

具体的には Google Chrome などウェブブラウザーで開いたページにリンクがあった場合、リンクをクリックすると

  • 「Ctrl」キーを押した状態でクリックすると「別タブ」でリンク先のページが見えないように「バックグラウンド」で開く
  • 「Shift + Ctrl」キーを押した状態でクリックすると「別タブ」でリンク先のページが見えるように「フォアグラウンド」で開く

といった表現で使用します。単純に現在、選択されているタブが「フォアグラウンド」とも言えます。

wd220216-01.png

 

そもそも「バックグラウンド(background)」には「風景・舞台などの背景」「物事を取り巻く事情」「人物の環境や生い立ち、経歴」などの意味があり、普段の会話でも使う言葉なのでイメージしやすい用語でしょう。

それがパソコンでは、複数のウインドウを開いたり、複数のアプリを実行中に見えない(隠れている)状態なのが「バックグラウンド」で、見える状態、あるいは操作できる(選択された)状態なのが「フォアグラウンド」というわけです。

wd220216-02.png

パソコンが便利なのは、表示や作業が完了するまでに時間がかかって待たなければいけないときに「バックグラウンド」で処理をしながら、ほかの作業を「フォアグラウンド」で操作や実行できるところです。

実際にパソコンでは「バックグラウンド」で多くのアプリやタスクを実行したり、「フォアグラウンド」に切り替えて操作したりできますが、この「マルチタスク」のおかげで同時に複数の作業ができるのです。

これで「バックグラウンドで開く」などの表現も理解できるでしょう。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

同じカテゴリー「ウインドウズ操作」の記事

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (634 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。