Google Chrome で「選択箇所のリンクをコピー」とは

選択箇所のリンクをコピー」とは、Chrome で開いたページで、選択した文字列の情報を加えたアドレスにしてコピーする機能です。そのアドレスでページを開くと選択した文字列がマーカー表示されます。

たとえば以下のページで「Shift + Ctrl + L」というショートカットキーを重要な文字列なので強調して紹介したいとしましょう。

 

そのとき、上記ページを Chrome で開き「Shift + Ctrl + L」という文字列をなぞるようにドラッグ操作をして選択してから右クリック、メニューから「選択箇所のリンクをコピー」を選択します。

wd210929-01.png

 

この操作で以下の長いアドレスがクリップボードにコピーされます。

このアドレスをクリックすると「Shift + Ctrl + L」がマーカーで強調表示された該当ページが開くのを確認できるはずです。

wd210929-02.png

 

Edge にも「選択箇所のリンクをコピー」と同様の機能がありますが、文字列を選択後に右クリックして現れたメニューでは「強調表示するリンクのコピー」となっています。

wd210929-03.png

 

同じページの同じ文字列を Chrome で「選択箇所のリンクをコピー」しても、Edge で「強調表示するリンクのコピー」しても、アドレスは同じとなり、どちらのブラウザーでもマーカーで強調表示されます。

wd210929-04.png

であれば、用語くらいは統一して欲しいところです。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (607 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。