「Wake on LAN(WOL)機能」とは

Wake on LAN(ウェイク オン ラン)」とは、ネットワークに接続されたコンピューターに特殊なデータ信号を送ることで、離れた場所からでも電源をオンにしたり、スリープを解除したりできる機能です。

コンピューター(パソコンもそのひとつ)をネットワークにつないでいる機器(ネットワーク アダプター)は、たとえばコンピューターの電源がオフの状態でもネットワークからの信号を受信できます。

その状態のネットワーク アダプターが特殊なデータ信号(マジックパケットといいます)を受け取るとコンピューターを自動起動させることができるという、まさにマジックのような機能です。

 

「Wake on LAN」機能は、たとえば

  • 外出先から自宅のパソコンを起動させて遠隔利用したいとき
  • 会社のシステム管理者が社内のパソコンの保守作業を離れた場所から行うとき

などに利用されます。

そのため、普通にパソコンをお使いの方は名前も知らないし、まずは利用することもない機能といっていいでしょう。

 

「マジック パケット」以外でもノイズなどで「Wake on LAN」機能が働いてしまう可能性があります。

Windows 7 または Windows Vista では、On LAN 機能を有効にすると不要なウェイク アップ イベントが発生する可能性があります。|Microsoftサポート

そのため「使わないなら機能を無効にしておく」のもひとつの解決策といえるでしょう。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (446 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。