プリンターとプリンター複合機との違いとは

その名の通り、複数の機能を併せ持ったマシンが「複合機」であり、「プリンター複合機」とは、プリンターに加え、スキャナーとコピー機能を持ったものが主流で、FAX 機能を搭載したものもあります。

「プリンター複合機」は一般的に、マシン本体上部に上へ持ちあげて扉のように開くフタがあり、その下に画像データ読み取るガラス面のスキャナー台があります。

EPSON インクジェット複合機 Colorio EP-706A

「フタ」を開けると...。

EPSON インクジェット複合機 Colorio EP-706A

スキャナー台の上に原稿をかぶせるように置きます。

 

セットされた原稿は

  • スキャナーでデジタルデータとして読み込まれ、
  • 画像ファイルとしてパソコンに保存されたり、
  • 画像ファイルをプリントすればコピー機になる

というわけです。

 

家庭向けではインクジェットプリンターを基本にスキャナーとコピーができる「プリンター複合機」が各メーカーの主力商品となっており、値段もこなれてきて、プリンター単体との価格差は縮んでいます。

売り場でもプリンター複合機のほうがラインナップが豊富で、店員さんも複合機をメインに勧めてくるはずです。

 

もちろん、基本的には「プリンター複合機」にはスキャナ台があるため、本体はどうしても平均的な紙のサイズ A4 よりも大きくなります。そのため単体よりも大きくて重いことが多いのですが、着実に小型化も進んでいます。

差は縮まったとはいえ、スキャナーやコピーは使わない人にとって「プリンター専用機」のほうが扱いやすい場合もあります。

EPSON A4ビジネスインクジェットプリンター PX-105

あとは「買う人の使い方、そして在庫次第」ということになります。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

同じカテゴリー「デジタル機器&家電」の記事

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (634 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。