エクセル(Excel)で「セル」「(ワーク)シート」「ブック」とは

エクセルで、データの入力に使う最も小さな単位が「セル(cell)」であり、セルに入力したデータ同士で計算したり、表にしてグラフ化したり、様々に使える表計算ソフトが「エクセル(Excel)」です。

 

この「セル」を「行」と「列」に沿ってずらっと敷き詰めるように並べて構成されているのが「シート(sheet)」です。

 

これは作業(work)するシートなので「ワークシート(worksheet)」とも呼ばれます。

 

さらに、セルがシート上を行と列にどこまでも広がる(=「spread」)様子から、シートは「スプレッドシート(spread sheet)」とも呼ばれ、表計算ソフトは英語にするとスバリ「spread sheet」になります。

「amazon.com」で、「Excel」は「Spreadsheet」に分類されています。

◆ 「エクセル(Excel)」とは「表計算ソフト」の代名詞

 

そしてエクセルで複数の「シート」をひとつのファイルとしてまとめ、保存できるようにしたものが「ブック(book)」です。

 

ブックを新規に作成すると「Book1」という名前で開き、最初から「Sheet1」といった名前で何枚かシートが用意されています。

◎ Excel2010 の場合

 

Excel 2010 までは、新規ブックにはシートが「3つ」自動で生成されていましたが、Excel 2013 では初期設定でシートは「1つ」になっています。

◎ Excel2013 の場合

もちろん、必要に応じてシートは簡単に追加と削除できます。

 

要するにエクセルでは

セルを行と列に敷き詰めたものがシート、
シートをファイルにまとめたものがブック

となります。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (446 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。