2013年2月 の用語解説(4 件)

ワードやエクセルで用意されているリボンに「校閲」タブがあります。このタブで表示されるタスクで、スペルチェックやコメントの挿入、変更の履歴を残すことができます。

エクセルで、データの入力に使う最も小さな単位が「セル(cell)」であり、セルに入力したデータ同士で計算したり、表にしてグラフ化したり、様々に使える表計算ソフトが「エクセル(Excel)」です。

大きなファイルを開かなくても、どんな画像や内容なのかがひと目で分るように縮小画像で見せることを「サムネイル表示」といいます。

Windows 8 から「タスクマネージャー」や「コントロールパネル」といった管理画面や設定画面を効率よく開くことができる新しい仕組みとして「クイックリンク」メニューが追加されました。

スポンサーリンク

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

 

過去の用語解説 (584 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。