プレゼンの定番ソフト「パワーポイント(PowerPoint)」とは

プレゼンテーション(presentation)」には「提示」や「発表」の意味がありますが、主にビジネスで企画の提案や結果の報告などを発表することを指すことが多いです。

略して「プレゼン」とも呼ばれますが、企画が採用されるかは「プレゼン」次第ということもあるため、発表資料はとても重要となり、視覚的に訴え、分かりやすく、印象的なものにする必要があります。

 

そこで「プレゼン資料」を作成、表示するために登場してきた専用アプリケーションソフトが「プレゼンテーションソフト」であり、その代表がマイクロソフト社の「パワーポイント(PowerPoint)」なのです。

PowerPoint 2010 - Office.com

 

「プレゼンテーションソフト」は、資料を分かりやすく1項目1枚の「スライド」形式にまとめることができ、作成されたスライドは発表の際には「スライドショー」として順番に表示することができます。

 

スライド上には簡単に画像ファイルやエクセルなど他のソフトで作成した図や表を貼り付けたり、1枚のスライドでも、最初は一部だけで最後に結論部分を表示させる、といったアニメーション効果を使うこともあります。

 

テンプレート(雛形)と呼ばれる、共通の背景やパーツ、表示パターンを使ってプレゼンの資料を作成すると、統一感のあるものを早く効率よく作成できる反面、どれも似たような感じで、逆に印象が薄くなってしまうこともあります。

◆ 「プレゼンテーション」のテンプレート - Office.com

登場したてのころは「プレゼンテーションソフト」自体が珍しく、使う効果も大きかったのですが、いまでは何でも「パワーポイント」資料ばかりで、あえて使わないプレゼンのほうが印象に残る場合さえあります。

 

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (446 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。