Windows でタイトルのない「タイトルバー」とは

タイトルバー(title bar)」とは、デスクトップ上で開いている各ウインドウの上辺にあって、そのウインドウが何を開いているのか分かるように「タイトル」を表示した横長で棒状の領域(bar)... のはずですが...。

「タイトルバー」を解説したのが 2007年でした。

「タイトルバー」でウインドウ操作

ところが最近ではタイトルバーのないウインドウや、タイトルのないタイトルバー(?)が登場し、ルールが曖昧になってしまいました。しかもルールを変えているのがマイクロソフト自身なので困ります。

 

たとえば Windows Vista 以降、フォルダーを開いたウインドウ上部にはタイトルバーに相当する領域(バー)はあるのに、フォルダー名(タイトル)は表示されなくなってしまいました。

確かにタイトルバーの下にアドレスバーがあり、そこでフォルダー名は確認できるので、タイトルバーにフォルダー名を表示するのは二重になるため「非表示」にしたのではないかと類推しています。

 

その証拠に、フォルダーのウインドウでタイトルバーの左端には何も表示されていませんが、以前ならフォルダーのアイコンが表示されていたあたりをクリックするとメニューが表示され、ダブルクリックをするとウインドウを閉じることもできます。


※ Windows 7 のフォルダー。左端に隠しアイコンがある!?

 

ゲームの隠しコマンドでもあるまいし、きちんとフォルダーのアイコンを表示しておくべきだと私はいまも感じています。


※ Windows XP のフォルダー。アイコンもタイトルもあります。

 

Internet Explorer 9 でも同様に、そのタイトルバーに、現在、選択されているページのタイトルが表示されなくなってしまいました。

タブではページのタイトルが長いと省略表示されてしまうので、タイトルバーにタイトルが表示されないのは残念です。


※ Windows7 + IE9 

 


※ Windows XP + IE7 何を開いているか一発で分かります。

 

ほかにも Office 2007 から突然、従来はアイコンのあった場所に「Officeボタン」を導入し、


※ Word2007

よほど評判が悪かったのか Office 2010 になるとアイコンに戻し、「Officeボタン」はやめてしまいました。


※ Word2010

ほかにもタイトルバーのタイトルを「中央揃え」にするなど、ほとんどルール無用の状態です。

 

Windows のような OS と呼ばれるシステムは

ウインドウ操作や使用するソフトがほぼ共通の操作で扱える

からこそ価値があります。最初に OS の基本操作を覚えれば、はじめてのソフトでも大体の操作ができてしまうから便利なのです。

 

ところが、その OS である Windows を開発しているマイクロソフトが、みずから基本ルールをコロコロと変えていくのでは困ります。

もちろん「慣れてしまえば新ルールのほうが便利」な場合もあります。それでもパソコン操作に慣れず、時間をかけてやっと基本的な操作を覚えた人にとって「不親切なルール変更」と言わざるをえません。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (498 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。