「Google+(グーグルプラス)」は成功するか

ネット検索最大手の Google(グーグル)が開発したソーシャルネットワークサービスが「Google+(グーグルプラス)」です。

利用者が7億人を超えたともいわれ、世界中にすごい勢いで広がったソーシャルネットワークサービス「Facebook(フェイスブック)」は日本でも徐々に認知度を上げ、利用者も増えています。

Facebook - フェイスブック

ただし、日本には「mixi(ミクシィ)」という先行サービスがあり、さらに Facebook は実名でないとダメとか、操作が分かりにくいとか、様々な理由があって日本ではどこまで伸びるか注目されています。

mixi, Twitter, Facebook 2011年6月最新ニールセン調査
 Facebook利用者872万人へ(ITmedia オルタナティブ・ブログ)

 

そんな中、登場したのがネット検索最大手の Google(グーグル)が開発した「Google+(グーグルプラス)」です。

Google+ プロジェクト

メイン画面はフェイスブックにそっくりです。

 

Google は「世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにする」ことを使命としており、Facebook のやっている「閉じた世界」に情報が集中して検索できなくなると困るわけです。

Google について 会社情報

そのため Facebook と Twitter のいいところをかけ合わせて、改善や新しいアイデアを追加して作ったのが Google+ だと考えていいでしょう。

「サークル」という仕組みで「家族」「友だち」「フォロー」などにメンバーを分類できます。

 

もちろん Facebook がすでに集めた圧倒的な利用者数と、蓄積された情報量は後発の Google+ がそう簡単に追いつけるものではありません。それでも Google の持つ既存のサービスと連動させると面白いことになります。

Facebook と Google とのソーシャルネットワークサービスでの競争の結果は今後のネット社会に大きく影響があるので注目しています。

 

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (446 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。