「スクロール(scroll)」とは/「スライダー(slider)」とは

現在、開いているウインドウ画面では表示しきれない部分があり、表示サイズはそのままで表示の範囲をずらすことで見えるようにする動作を「スクロール」といいます。

英語の「スクロール(scroll)」には、もともと「巻物」の意味があり、長い巻物を両手に持って読むとき、読み終わった部分から巻き取る様子を想像していただければ、それがスクロール表示です。

※ ちなみに「scroll picture」で「絵巻物/掛け軸」となります。

 

スクロールをマウス操作で実行できるように用意されているのが「スクロールバー」です。スクロールが不要な場合はスクロールバーも表示されないか、薄っすらとその領域が見えるだけになります。

ウインドウ上で、上下に表示しきれないページのときにはウインドウの右端に、左右に表示しきれないページのときにはウインドウの下端にスクロールバーが自動で表示されます。

 

さらにスクロールバー上にあり、マウス操作などで移動させることでスクロールを実行する「つまみ」が「スライダー(slider)」、またバーの上下にある「矢印ボタン」が「スクロールボタン」です。

※「スライド(slide)」は「滑る」といった意味ですね。

◆ ブラウザの画面スクロールで使えるキー操作

 

スライダーをドラッグしたり、スクロールボタンをクリックすれば、スクロール操作ができますが、スクロールバーは常にウインドウの端にあるため、頻繁に使う場合はマウスでの移動操作が面倒です。

 

そこで多くのマウスには「ホイール」が用意されており、ホイールを上下回転させると連動して上下スクロールができるようになりました。

◆ スクロール操作はマウスのホイール機能が便利

最近ではホイールを傾けて左右スクロールができる機種もあります。

 

さらにウェブブラウザなどでは「矢印」キーや「スペース」キーでもスクロール操作ができます。

◆ ブラウザの画面スクロールで使えるキー操作

状況に応じて自分が使いやすい方法を選びたいところです。

 

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (498 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。